【夏の甲子園2019予想】注目選手と優勝候補!全出場校49校と日程まとめ!【高校野球】

 

こんにちは!

 

いよいよ今年もこの季節がやってきましたね〜〜!

夏の甲子園こと第101回全国高校野球選手権大会が近付いて来ています。

昨年は100回という記念大会でしたが、今年は令和になって初の甲子園になるということで注目が集まっています。

 

そこで今回は全出場校49校や日程をまとめてご紹介して行くとともに、その中でも注目選手や優勝候補の予想をご紹介していきたいと思います!

 

追記

各地方大会の結果も随時更新中です!!

 

Sponsored Link

 

【夏の甲子園2019】注目選手まとめ!【高校野球】

まずは今年の夏の高校野球で注目選手をまとめてご紹介していきます!

甲子園に出場出来る出来ないに関わらず注目の選手がたくさんいます。

 

奥川恭伸(星稜高校/石川)・投手

  • 名前:奥川恭伸(おくかわやすのぶ)
  • 生年月日:2001年4月16日(18歳)
  • 出身地:石川県かほく市
  • ポジション:投手
  • 投打:右投右打
  • 身長:183cm
  • 体重:82kg
  • 経歴:かほく市立宇ノ気小学校→かほく市立宇ノ気中学校→星稜高校

今年の高校BIG4の一角であり今年の夏最も注目されているのが星稜高校のエースである奥川恭伸投手です!

昨年度から2年生で唯一U18高校日本代表に選出され、あの根尾昂投手や吉田輝星投手らと共に日の丸を背負って戦った経験も持っています。

 

春の甲子園では惜しくも2回戦で習志野高校に敗れてしまいましたが、夏の甲子園でもおそらく優勝候補の一角に入ってくるのではないでしょうか。

最速150キロを超えるストレートに加えて、変化球もスライダー・フォーク・カーブなど多彩なピッチングも魅力的ですね。

 

甲子園でのマウンド経験もすでに十分あることからマウンド度胸・スター性共に兼ね備えたドラフト1位候補のピッチャーです!

 

及川雅貴(横浜高校/神奈川)・投手

  • 名前:及川雅貴(およかわまさき)
  • 生年月日:2001年4月18日(18歳)
  • 出身地:千葉県匝瑳市
  • ポジション:投手
  • 投打:左投左打
  • 身長:182cm
  • 体重:71kg
  • 経歴:須賀スポーツ少年団(軟式)→匝瑳リトルシニア→横浜高校

横浜高校のエースである及川雅貴投手も高校BIG4の一角であり、今夏注目の投手の一人です!

最速153km/hを誇る左腕は横浜高校の先輩にあたる松坂大輔投手の151km/h、藤平尚真投手の152km/hを抜いて高校歴代No.1の球速を持っています。

 

昨年の夏、今年の春と二連続で甲子園に登板し、その実力は折り紙付きですね。

プロも注目の高校No.1左腕です!!

 

佐々木朗希(大船渡高校/岩手)・投手

  • 名前:佐々木朗希(ささきろうき)
  • 生年月日:2001年11月3日(17歳)
  • 出身地:岩手県陸前高田市
  • ポジション:投手
  • 投打:右投右打
  • 身長:189cm
  • 体重:81kg
  • 経歴:陸前高田市立高田小学校(高田野球スポーツ少年団)→大船渡市立猪川小学校(猪川野球クラブ)→大船渡市立大船渡第一中学校(オール気仙沼)→岩手県立大船渡高校

2019年注目度No.1と言っても過言ではないのが大船渡高校の佐々木朗希投手ですね!

同じく高校BIG4であると共に、なんと言っても高校最速163km/hのストレートが持ち味の超大型投手です。

 

プロが最も注目する高校生であり、あの大谷翔平投手の高校時代よりも球速が速いということもあって、まだ甲子園でのマウンド経験はありませんが大注目の投手です!

ぜひあの甲子園の舞台で佐々木投手のピッチングが見たいですね、、、!

 

Sponsored Link

 

西純矢(創志学園/岡山)・投手

  • 西純矢(にしじゅんや)
  • 生年月日:2001年9月13日(17歳)
  • 出身地:広島県廿日市市
  • ポジション:投手
  • 投打:右投右打
  • 身長:183cm
  • 体重:79kg
  • 経歴:鈴が峰レッズ→ヤングひろしま(廿日市市立阿品台中)→創志学園高校

高校BIG4最後の一人は昨年夏の甲子園でも活躍した西純矢投手です!

岡山の創志学園では2年春からエースナンバーを背負っていて、経験実力ともに兼ね備えた最速150km/hを誇る速球派ですね。

 

さらに、昨年の甲子園では2試合で計25奪三振を記録し、迫力のある雄叫びの注目を集めましたね。

今年の夏の活躍も大いに期待したいです!!

 

武岡龍世(八戸学院光星/青森)・遊撃手

  • 名前:武岡龍世(たけおかりゅうせい)
  • 生年月日:2001年
  • 出身地:徳島県鴨島町
  • ポジション:遊撃手
  • 投打:右投左打
  • 身長:180cm
  • 体重:75kg
  • 経歴:吉野川市立鴨島小学校→吉野川私立鴨島第一中学校(ヤング・徳島ホークス)→八戸学院光星

注目の野手は、八戸学院光星のショートで50m走5秒9の俊足の持ち主である武岡龍世選手です!

そのプレースタイルや持ち味から八戸学院光星の先輩にあたる巨人の坂本勇人選手2世の呼び声も高いです。

 

広角に打ち分けるバットコントロールに本塁打も打てるパンチ力、俊足に堅実な守備と走攻守3拍子揃った超高校級の選手です!!

 

東妻純平(智辯和歌山高校)・捕手

  • 名前:東妻純平(あづまじゅんぺい)
  • 生年月日:2001年7月3日(18歳)
  • 出身地:和歌山県
  • ポジション:捕手
  • 投打:右投右打
  • 身長:172cm
  • 体重:74kg
  • 経歴:和歌山市立紀伊小学校→紀伊ボーイズ(和歌山市立紀伊中学校)→智辯和歌山高校

最後にご紹介するのが今年の夏注目の捕手である智辯和歌山高校の東妻純平選手です!

高校入学前はショートを務めていた東妻選手でしたが、名門智辯和歌山高校に進学すると強肩を活かして捕手にコンバートし、なんと1年の秋からレギュラーの座を獲得しています。

 

その強肩ぶりは凄まじく、遠投は高校生にして125m、二塁への送球タイムは1.84秒です。

さらに身長はあまり大きくないながらも選抜では4番キャッチャーとして出場すると初戦の熊本西戦ではホームランも放つなど打撃面での活躍も見込める捕手として注目を集めていますね。

 

東妻純平選手の兄は2918年のドラフトで千葉ロッテから2位指名を受けた東妻勇輔投手(智辯和歌山高校→日本体育大学)であり、最速155km/hを誇る速球派投手です。

東妻純平選手にとって兄は憧れの存在であり、「兄弟バッテリー」が夢だそうですので、いつかプロの世界で実現する日が来るのではないでしょうか!

 

Sponsored Link

 

【夏の甲子園2019】優勝候補予想!【高校野球】

こちらの項目は出場校が決定次第追記していきたいと思います!

第101回を数える夏の甲子園ですが、令和初の王者に輝くのがどの高校になるのか非常に気になりますね〜〜

 

春の甲子園を制した愛知の東邦高校が地方大会2回戦で姿を消してしまったことが衝撃でしたが、やはり選抜に出場した石川の星稜高校や和歌山の智辯和歌山、千葉の習志野や兵庫の明石商業などは固いのではないでしょうか?

今年の夏も非常に楽しみですね!!!

 

Sponsored Link

 

【夏の甲子園2019】全出場校49校と日程まとめ!【高校野球】

追記

各地方大会の結果も随時更新中です!!

 

  • 北北海道:旭川大高(2年連続9回目)
  • 南北海道:北照(2年連続5回目)
  • 青森:八戸学院光星(2年連続10回目)
  • 岩手:決勝 花巻東ー大船渡
  • 秋田:秋田中央(45年ぶり5回目)
  • 山形:鶴岡東(3年ぶり6回目)
  • 宮城:
  • 福島:
  • 茨城:決勝 霞ヶ浦ー常盤大
  • 栃木:
  • 群馬:
  • 埼玉:
  • 千葉:
  • 東東京:
  • 西東京:
  • 神奈川:
  • 山梨:山梨学院(4年連続9回目)
  • 長野:飯山(初出場)
  • 新潟:日本文理(2年ぶり10度目)
  • 富山:
  • 石川:
  • 福井:
  • 静岡:
  • 愛知:
  • 岐阜:
  • 三重:
  • 滋賀:
  • 京都:
  • 大阪:
  • 兵庫:
  • 奈良:
  • 和歌山:
  • 岡山:
  • 広島:
  • 鳥取:
  • 島根:
  • 山口:
  • 香川:
  • 徳島:
  • 愛媛:
  • 高知:
  • 福岡:
  • 佐賀:
  • 長崎:
  • 熊本:決勝 九州学院ー熊本工
  • 大分:
  • 宮崎:
  • 鹿児島:
  • 沖縄:沖縄尚学(5年ぶり8回目)

 

そして現時点で決定している今年の甲子園の日程は以下の通りです!

日付 試合数 備考
第1日 8月6日 3 開幕日
第2日 8月7日 4
第3日 8月8日 4
第4日 8月9日 4
第5日 8月10日 3 3試合
第6日 8月11日 4
第7日 8月12日 4
第8日 8月13日 4
第9日 8月14日 3 3試合
第10日 8月15日 4
第11日 8月16日 4
第12日 8月17日 4 準々決勝
休養日1 8月18日 0
第13日 8月19日 2 準決勝
休養日2 8月20日 0 新設の休養日
第14日 8月21日 1 決勝

今年の日程で注目なのが決勝の前日に新たに休養日が設けられたことですね。

やはり準決勝から決勝への連投の影響はかなり大きく、暑かった昨年の夏は吉田輝星投手の連投が少し話題になったりもしました。

 

これで選手たちが万全の体制で決勝に臨めるようになるかもですが、やはり投手の酷使は度々話題になっていますので熱中症には気をつけて頑張って欲しいですね、、、!

 

Sponsored Link

 

まとめ

今回は令和初の甲子園となる2019年夏の高校野球選手権大会の注目選手や優勝候補予想をご紹介しました!

 

今年の夏は高校BIG4と呼ばれる投手陣を中心に非常に楽しみな大会になりそうですね〜〜

また昨年の吉田輝星投手や金足農業のように新たなスターや注目校が出て来るかもしれません!

その辺りにも注目して令和初の甲子園を楽しみましょう!

 

それでは〜〜

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください