ゆりやんレトリィヴァ英語と発音の超凄い勉強法とは!?海外の反応もチェック!

 

こんにちは!

 

吉本興業の若手女芸人として今大ブレイク中のゆりやんレトリィヴァさんがアメリカの超人気オーディション・リアリティー番組『アメリカズ・ゴッド・タレント』に出演し、その凄まじいパフォーマンスがかなり話題になっていますね〜〜

この番組の2次審査に挑んだ映像がネット上で公開されると、ゆりやんさんらしい芸風そのままに堂々たるパフォーマンスを行ったのはもちろんのこと、ネタの前後に現地のMC陣とジョークを交えた英語のトークで笑いを誘っていたことで、ゆりやんさんの英語力の方もかなり評価されています。

 

そこで今回は超凄い英語力を持っているゆりやんさんのその秘密や勉強法、そして現地アメリカの方々からの評価なども合わせてチェックして行きましょう〜〜!!

 

Sponsored Link

 

ゆりやんレトリィヴァの英語動画!

今回ゆりやんさんが『アメリカズ・ゴッド・タレント』に出演した際の動画がこちらです!

 

ネタがアメリカ人の人たちに大ウケしていることのはもちろんのこと、前後のMC陣との英語のやりとりがめちゃくちゃ凄いと評判です。

こういった番組に日本人が出演するときは圧倒的なパフォーマンスが評価される方が多いですが、ゆりやんさんはジョークを交えたトークの方でも笑わせているのが凄いところですね。

 

日本で行うトークと何も変わりなくグイグイMC陣に絡んでいくところや、男性MCをホテルに誘うところなどがアメリカ人にも大人気だったようです。

これには英語を苦手とし、なかなか人前で堂々と話すことができない日本人から称賛の声が上がっています。

凄いところは普通に英語を勉強したことがある人ならある程度は聞き取れるレベルの会話でしっかりと笑いを取っているところですよね。

外国語を喋るときは物怖じせずに喋ることが 重要なんだなということを再認識させてくれます。

 

Sponsored Link

 

ゆりやんレトリィヴァの英語と発音の超凄い勉強法とは!?

そんな超凄い英語力を持っているゆりやんさんですが、一体どうやって勉強したのか気になるところですよね!

 

まずゆりやんさんの英語力のルーツには幼い頃から両親と見ていた「洋画」にあるようです。

中でもゆりやんさんが英語に最も興味を持つきっかけとなった映画が『バックトゥザ・フューチャー』だったそうで、中学生の時には毎日DVDを観ていて、この一本の映画をきっかけにアメリカのカルチャー全般に興味を持つきっかけとなったようです。

洋画のシーンをモノマネしたりしていたことが英語、そしてアメリカという国そのものに興味を持つきっかけとなったようですね。

 

さらに、ゆりやんさんが通っていた関西大学文学部では周囲に帰国子女の人が多く、そんな人たちから日々刺激を受けていたそうです。

中でも印象深かった一人の女性は、アメリカに住んでいたのがたった1年にも関わらず「アメリカに帰りたい」が口癖の女性で、日常的にアメリカ人を真似たリアクションを取ったり、表現を使っていたそう。

そんな”アメリカかぶれ”の友人と過ごすうちに自分にもそれがうつり、関西大学の映画研究会で洋画を見ながら勉強して現在の英語力を身につけたようです。

 

ゆりやんさん自身も自分の英語力について、

「自分が話しているのは中学生レベル。ただ、英語に憧れる気持ちと、自分の思いを伝えたいという気持ち、そして相手の思っていることを知りたいという気持ちだけは、人一倍強いと思います」

と語っているように、難しい机上の勉強ばかりではなく、とにかく英語に触れて自分も使ってみる、そして気持ちを重視するということが大事なんだと再認識しますね!

 

ゆりやんレトリィヴァに対する海外の反応もチェック!

最後にゆりやんさんに対する現地の方々や海外の方々の反応も見ていきましょう!!

日本では英語力が称賛されていますが、実際の評価はどうだったのでしょうか?

 

I cannot stop replaying

Thank you retriever you made my day

(面白くて)再生を止めることが出来なかった

レトリィヴァ、私に素敵な1日をくれてありがとう

I think she would be GREAT as a comedian… she made me laugh ALOT 👌🏾

彼女は”素晴らしい”コメディアンになると思うよ!

めちゃくちゃ面白かった!

I like her, waiting her to comeback next season
好きだから次のシーズンにまた戻ってきてほしい!

 

かなり絶賛されていましたね〜〜

惜しくも結果は不合格でしたが、後半にゴールデンブザーという救済システムをナチュラルに肘で押すシーンなどがウケていました(笑)

 

今後もゆりやんさんのアメリカでの活躍が大いに期待できそうですね、、、!!

 

Sponsored Link

 

まとめ

今回は芸人のゆりやんレトリィヴァさんがアメリカの人気オーディション番組『アメリカズ・ゴッド・タレント』に出演し、その堂々たるパフォーマンスや英語が大絶賛されている件についてのご紹介でした!

 

ゆりやんさんから学ぶべき最大のことは英語に限らず外国語を喋るときは物怖じせずに堂々と、気持ちを込めて話すということですね!

どうしても日本人は海外の言葉を勉強する時に単語の数や文法の難しさや、勉強としての語学として捉えてしまいがちですが、やはり言葉はコミュニケーションの道具なので一番大事なのは伝わるかどうかですよね。

ゆりやんさんにとって英語は勉強するものというより映画の中で普通に出演者が会話に使っているもの、帰国子女の友達が日常的に使っているものという「使用」の意味が強いものであったことが彼女の英語力の秘訣なのかも知れません。

 

今回の一件でゆりやんレトリィヴァさんはアメリカでの地名度を一気にあげたので先輩である渡辺直美さん同様にアメリカでの活躍が期待できそうです、、、!

今後も要チェックですね。

 

それでは!

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください