石川昴弥(東邦)のドラフト評価!二刀流でホームランを量産する天才!?

 

こんにちは!

いよいよ開幕が目前に迫った春の甲子園こと選抜高校野球大会。

今回も注目選手をご紹介していきたいと思います!

 

今回ご紹介するのは愛知県代表東邦高校の二刀流・石川昴弥選手です!

彼は今年のドラフトの目玉の一人と言われていて、現在東邦高校ではサード・投手、そして主将も務めています。

石川昴弥選手とはどのような選手なのか見ていきましょう!

 

Sponsored Link

 

石川昂弥(東邦)のプロフィール!二刀流でホームランを量産する天才!

  • 名前:石川昂弥(いしかわたかや)
  • 生年月日:2001年
  • 出身地:愛知県半田市
  • ポジション:三塁手・投手
  • 投打:右投右打
  • 身長:185cm
  • 体重:81kg
  • 経歴:半田市立有脇小学校→半田市立亀崎中学校(愛知知多ボーイズ)→東邦高校

 

石川昂弥選手は打っては高校通算39発のホームランバッターにして、投げては最速144キロのストレートを誇る天才二刀流選手です。

さらに東邦高校では主将も務めており、まさにチームの大黒柱の選手ですね。

身長185cm体重81kgとかなり大型な選手であり強肩強打が持ち味です!

 

有脇小6年時に中日Jr.チーム入りを果たすと、亀崎中時代は愛知知多ボーイズでショートを務めていました。

さらにMONOジャパンにも選出され、中3夏の米遠征にも参加しています。

 

その後東邦高校に進学した石川昂弥選手は1年春からベンチ入りし、一桁背番号「6」でプレーしていました。

同年秋から4番・三塁手の座を獲得し、2年秋からはチーム事情により投手に挑戦するとその才能を遺憾無く発揮しています。

 

石川昂弥(東邦)のドラフト評価は?

バッターとしても投手としてもその才能を発揮している石川昂弥選手は、昨年の大阪桐蔭根尾昂選手と同じものを感じますよね。

根尾昂選手はバッターとしての道を選びましたが、石川昂弥選手もおそらくその可能性が高いのではないかと思います。

そんな石川昂弥選手の現時点でのドラフト評価を見ていきましょう!!

 

中日・近藤スカウト|19/3/10

「いいものを持っているよね」

阪神・筒井スカウト|19/3/10

「初戦から結果を出せるのは、能力が高い証拠。あの体格、あの打撃で、肩と足も備えているのは素晴らしい」

オリックス・由田慎太郎スカウト|19/2/8

「これほどスケールの大きい選手はなかなかいない。飛距離を持っているし、センターから右方向へも大きな当たりを打てる。守備と足も問題なく、あのサイズであれだけ動ければ三塁手としては十分」

阪神・筒井和也スカウト|18/11/10

「体格も言うことなし。飛距離も別格。来年の目玉の一人になるのでは」

中日・中田スカウトディレクター|18/11/10

「大型打者でありながら、穴が少ない。上位候補に挙がるのは間違いない」

中日・中田スカウトディレクター|18/10/22

「打撃の技術はあるし、足も肩もある。文句なし。来年の目玉になる」

このように多くの球団から現時点でも高い評価を得ているようです。

強肩強打の三塁手というと現在プロにも横浜の筒香選手のような素晴らしい選手がいらっしゃいますが、石川昂弥選手は将来ああいったバッターに育ってくれる可能性は大いにあるのではないでしょうか?

やはり地元ということもあって中日からの注目度は高いので入団が期待できそうですね、、!

非常に楽しみです!!

 

Sponsored Link

 

まとめ

今回は選抜高校野球大会に出場する選手の中から、東邦高校の主将・石川昂弥選手をご紹介しました!

強肩強打の三塁手にしてホームランバッターの彼は投手も務めており、チームの大黒柱として活躍が楽しみですね!!

 

東邦高校は同学年に熊田任洋選手という選手もいますし、甲子園でのチームの躍進も十分に有得ます。

そんな中石川昂弥選手の強烈なホームランがぜひ見たいですね〜〜〜

プロでの活躍も本当に期待できそうです!

 

他の選手やチームについてはこちらをどうぞ!

 

それでは!

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください