西原健太(札幌大谷)のドラフト評価は?出身中学や球速・フォームなどをチェック!

 

こんにちは!

 

いよいよ開幕が迫っている春の甲子園こと選抜高校野球2019ですが、注目校や選手がピックアップされ始めて盛り上がっていますね〜〜

そこで今回は秋の神宮大会を制した北海道代表の札幌大谷高校から、エースの西原健太投手をご紹介していきます!

 

Sponsored Link

 

西原健太(札幌大谷)のプロフィール!出身中学や球速など

  • 名前:西原健太(にしはらけんた)
  • 生年月日:2001年
  • 出身地:北海道赤平市
  • ポジション:投手/一塁手
  • 投打:右/右
  • 身長:184cm
  • 体重:90kg
  • 経歴:赤平市立豊里小学校「赤平レッドレイズ」→札幌大谷中学校「札幌大谷リトルシニア」→札幌大谷高校

神宮大会では優勝候補筆頭と言われていた星稜高校を下し、見事札幌大谷高校を優勝に導いたエースの西原健太投手。

 

身長184cm、体重90kgという恵まれた身体を持つ西原健太投手は、右オーバーから投げ込むストレートが最速142キロの伸びのあるストレートが特徴的です。

ストレートの球筋は回転数が多い球であるため、球速が130キロ台〜140キロ前半でも空振りが取れる球質のようです。

変化球もキレのあるスライダーと緩急のあるチェンジアップとカーブを武器に多彩なピッチングが出来るのも彼の良さですね。

さらに、高い制球力と落ち着いた投球も持ち味で、安定感のあるのが魅力的です。

 

Sponsored Link

 

西原健太(札幌大谷)のフォームをチェック!

西原健太投手は走者がいなくてもセットポジションから始まり、左足はゆったりと上げていきながら右足の膝を適度に曲げてバランスよく立って投球に移ります。

 

動画を見ていただければ分かるかと思いますがかなりゆったりとした投球フォームで体重移動もスムーズですよね。

内回りのテークバックを取って、トップを作り、リリースに入ります。肘が先に出ており、球持ち自体は良く、体の近くで腕を振ることができています。

 

西原健太(札幌大谷)のドラフト評価は?

西原健太投手は神宮大会でもかなりの好投を見せていたことからドラフトでの評価が急上昇している選手の一人です。

そのため、プロのスカウト陣も今見極めている最中といったところなのか具体的なコメントは見つかりませんでした。

 

しかし西原健太選手の魅力的なポイントは投球だけでなく、バッティングセンスも優れているという点です。

投手として上位指名されるには星稜の奥川恭伸投手や横浜高校の及川雅貴投手などライバルが多いですが、二刀流の選手としてはたまた一塁手としても魅力的な選手です。

 

ですが、この春の甲子園や夏の大会で経験を積めば投手としてドラフト上位指名される可能性は高いですね。

昨年度もほぼ無名だった金足農業の吉田輝星投手が日本ハムファイターズから1位指名されていますし、西原健太投手自身も地元であるということから日本ハムからの1位指名を期待する声が多いです!

成長が非常に楽しみですね〜〜

 

Sponsored Link

 

まとめ

今回は今年の選抜高校野球大会で注目の選手の一人である札幌大谷高校の西原健太投手をご紹介しました!

秋の神宮大会を制したチームのエースは伊達ではなく、春の甲子園でも好投が期待できますね〜〜

 

ドラフトでの評価はまだ他の投手に比べると低いですが、この1年間で大きく成長が期待できる選手の一人です!

さらに彼は二刀流としての素質もあり、バッターとしても札幌大谷高校を牽引する4番です。

初出場の札幌大谷高校がどういった活躍をしてくれるのか非常に楽しみですね!!

 

他の選手やチームについてはこちらをどうぞ!

 

それでは。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください