大前光市はなぜ「かかしのダンサー」?プロフィールと事故原因や経歴も!

こんにちは!

今日テレビを見ていたらNHKに義足のダンサー大前光市さんという方が出演されていました!

この方がなぜ片足を失ってしまったのか。なぜ「かかしのダンサー」と呼ばれているのか。そしてどんな過去の経歴があるのか気になったので調べてみました!

今回はそんな大前光市さんのご紹介です!

Sponsored Link

大前光市さんのwiki風プロフ!かかしのダンサーの謎

大前光市

大前光市(おおまえ こういち、1979年9月27日)は、日本のプロダンサー。

「かかしのダンサー」として、片足が義足というハンディキャップを生かした独自の創作ダンスで注目を集めている。

所属事務所は、一般社団法人障がい者スポーツ・アート・ミュージック振興協会(HANSAM ハンサム)。

また、大前さんは2016年に開催されたリオデジャネイロパラリンピックの閉会式において、東京パラリンピックへの引き継ぎセレモニーでダンスを演じたことで注目を集めたそうです!

彼は片足が義足で踊っているため、その姿が『かかし』のようだから、ご自身のことを『かかしのダンサー』と呼んでいるのですね。

お恥ずかしながら当時はニュースに疎かったので僕は大前さんの名前を今回初めてお聞きしたのですが、相当すごいお方なのですね、、、

大前光市さんの経歴!

そんな世界的ダンサーの大前光市さんですが、一体どんな経歴をお持ちなのでしょうか。

大前さんは岐阜県下呂市の出身です。

中学時代に卒業生を送る会の演劇で主演を務め、舞台に興味を抱いたそうです。

ダンスの道を志すようになったのは、岐阜県立益田高等学校(現・益田清風高等学校)在学中と結構遅めみたいですね。

そんなに有名な方ならてっきりもっと幼い頃からダンスに触れていたのかと思ったので意外でした!

当時は、アルバイトで費用を賄いつつ高山市のダンス教室に通っていたそうです。

その後、大阪芸術大学へ進学し、バレエを選考しました。

しかし、大阪芸術大学卒業後、国内有数のバレエ団の入団オーディションの最終選考直前に車に後ろからはねられ、左脚の膝から下を失ってしまします。

Sponsored Link

事故の原因とその後!

この事故で大前さんは左脚の膝から下を失ってしまい、現在のように片足が義足での生活を余儀無くされてしまいました。

事故の原因は運転者の飲酒運転だったそうです。

雨の日の夜、天王寺動物園の脇で泥酔した酔っ払いが運転していた車に轢かれてしまいました。

その時の痛みについて、大前さんは「脳を突き刺すような激痛」だったと語っています。

それからは大前さんは痛みに耐え続ける生活に苦しんだため、近所から苦情が来るほど言葉にならない奇声を発し続けたそうです。

きっとそれはただの痛みだけでなく、心も相当痛んでいたのだと思います。

 

4ヶ月の入院生活を経て、ダンスの練習を再開しますが、前述のバレエ団の入団オーディションには三年連続で落ちてしまい、バレエ団からも「プロにはなれない」と宣告を受けてしまいます。

当時は周囲からも「運が悪かったね」「今の君は必要ない」など、心無い言葉も散々かけられてしまったそう。

ご本人も当時の自分を「粗大ゴミ」のようだったと語っていました。

 

しかし、大前さんは自分の夢を決して諦めませんでした。

そこからは、健常者の動きを追求するのではなく、別の方法を模索するようになり、様々な形状の義足で試行錯誤を繰り返しました。

事故から6年が経ち、通常の義足よりも5センチメートルほど短い義足で踊った場合に、自然な動きが出て、これが評価されることになりました!

2016年のリオデジャネイロパラリンピック閉会式では、約2分間ソロで演技し、4回連続のバク転も披露されています。

また、2017年の第68回NHK紅白歌合戦では、平井堅さんが歌う『ノンフィクション』とのコラボレーションも展開されたそうです。

まさに今大注目のダンサーです。

2020年の東京パラリンピックの開会式でも出演されるかもしれませんね!!

まとめ

今回は片足が義足『かかしのダンサー』の大前光市さんのご紹介でした!

僕も少しですが大学在学中にダンスをやっていた経験がありますが、片足でバレエを踊るなんて正直信じられません。

しかし、大前さんが踊る動画を拝見しましたが、とても力強く、そしてしなやかで、全身でご自身を表現されていて、とても素晴らしいダンサーだなと思いました。

このハンディキャップは、ご本人にとっても当時はとても辛かったと思います。それは僕たちが想像もできないほどです。

でもそれでもこの方はそれを恨むどころかむしろ自分の強み、自分の個性として頑張っている姿に感動しました。

これからも『かかしのダンサー』大前光市さんに注目したいと思います!

それでは!!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください