北園丈琉(体操)のwikiプロフィール!出身が中国で両親の国籍が中国人の噂!?

 

こんにちは!

男子体操といえば日本のお家芸と言われるほど世界でもかなりの実力を誇っていて、内村航平選手や白井健三選手などが第一線で活躍されていますよね。

そんな男子体操界に若きホープが登場したことで話題になっています!

 

彼の名前は北園丈琉選手。

体操全日本ジュニア選手権で男子総合で金メダルを獲得されるなどのかなりの実力者です。

今回は彼が『モニタリング』にも出演されるということで、彼のWikipedia風プロフィールや、国籍などの噂についてご紹介して行きます〜〜

 

Sponsored Link

 

北園丈琉(体操)のwikiプロフィール

 

  • 名前:北園丈琉(きたぞのたける)
  • 生年月日:2002年10月21日(16歳)
  • 出身地:大阪府
  • 身長:148cm
  • 体重:45kg
  • 学歴:私立清風高等学校1年

 

北園丈琉選手は日本の体操選手です。

3歳の時に仮面ライダーを観ていた北園丈琉選手が、熱中して側転などを真似をしたことから、両親が体操教室に通わせ始めたそうです。

多くの卓球の愛ちゃんをはじめとしてオリンピック選手は小さな頃からその才能を表す傾向にありますが、北園丈琉選手も幼い頃から体操に取り組んでいたのですね。

 

そして小学校に進学すると地元の「東住吉区トミオカ体操スクール」という教室に通いながら体操の練習を重ね、

・4年生で体操全日本ジュニア選手権小学生の部で個人総合3位

・体操全日本ジュニア選手権Bクラスで優勝

・小学生ながら日本代表の合同合宿に参加

など輝かしい成績を収めています。

 

そして中学からは、大阪府大阪市天王寺区石ヶ辻町にある私立清風学園中学・高等学校に進学され、体操部の部員として活躍されています。

この清風学園中学・高等学校の体操部はかなりの競合で、部員のほとんどが全国大会で活躍するのはもちろんのこと、オリンピックを目標に活動しているそうです。

 

そんな強豪校でトップクラスの実力を誇っている北園丈琉選手は、高校1年生ながらにして高校3年生までが出場する全日本ジュニア選手権で、他を寄せ付けずに圧勝で優勝しました。

 

さらに、北園丈琉選手は2018年の夏季ユースオリンピック(五輪)体操男子個人総合と種目別で計5個の金メダルを獲得し、東京オリンピックへ大きな期待をもたらす結果となりました。

 

内村航平の後継者として期待がより一層高まりますね、、!

 

北園丈琉(体操)の出身は中国!?

 

北園丈琉選手の出身は大阪とお伝えしましたが、ネットでは出身が中国なのでは?という情報も出回っているようですね。

というのも、おそらく顔や髪型が中国系の雰囲気を纏っているからだったり、名前が「丈琉」という珍しい漢字からではないかと思われます。

 

さらに中国といえば体操がかなり強いですし、卓球の張本選手など若くして頭角を表すアスリートには中国にルーツをもつ選手も多いからではないでしょうか。

しかし、北園丈琉選手の出身は公式で大阪であると発表されているますし、小学校も地元の超学校出身なのでこの情報はデマの可能性が高いですね。

 

それはともかく顔は体操選手といえばの元弾丸ジャッキーのオラキオさんにどことなく似てる気もしますが、、(笑)

 

Sponsored Link

 

北園丈琉(体操)の両親は国籍が中国人!?

 

北園丈琉選手には出身が中国の噂があるということでしたが、両親の国籍からも考えてみたいと思います!

 

北園丈琉選手のご両親のお名前は、

父親が北園吉隆さん

母親が北園希望さん

であることがわかりました。

現時点で年齢は吉隆さんが46歳、希望さんは45歳らしいので、北園丈琉選手は30歳ぐらいのとき授かったということになりますね。

 

ご両親の名前は中国系の雰囲気はないですし、北園という名字も珍しいですが日本らしい名字なので、両親の国籍も中国ではなさそうですね!

 

こういったことからも北園丈琉選手は中国人である可能性は低いのではないでしょうか!

 

まとめ

今回は男子体操の未来のエースである北園丈琉選手のご紹介でした!

 

Wikipedia風のプロフィールをご紹介しましたが、それにしても実力・将来性・スター性のどこを取っても完璧な逸材ですね〜

内村航平選手も出来過ぎと褒めるほどの実力の持ち主で、将来も大いに期待できそうです。

 

ユースオリンピックでは5冠を獲得するなど、東京オリンピックではまだ18歳にして日本の貴重な戦力になるのではないでしょうか。

近年の男子体操は内村航平選手が牽引してきましたが、その後の白井健三選手などは世界の場では今ひとつ伸び悩んでいます。

そこに若きエースとして北園丈琉選手が加わることで、個人としての技量だけではなく日本体操界全体の底上げになると更にいいですよね〜〜

 

2020年東京オリンピックが楽しみですね!!

それでは。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください