平尾奎太(ドラフト)の病気は腎臓で「IGA腎症」とは!?【お母さんありがとう出演】

 

こんにちは!

いよいよ10月25日(木)は2018年のドラフト会議が行われますね!

根尾昂選手や吉田輝星投手など、高校生からは注目のスター選手が名を連ねています。

 

そんな中毎年注目されるのが、ドラフトと並行して行われる人気特番の『お母さんありがとう』という番組です。

この番組ではプロ志望届を提出している選手の中から母親と何か関係がある選手をクローズアップして紹介するというものなのです。

 

今回は、

HONDA鈴鹿所属の平尾奎太投手

 

関連記事

⇒平尾奎太は同志社大時代にEXILEオーディションを受験したイケメン!?

 

東洋大学の中川圭太選手

 

関連記事

⇒中川圭太の母親は父親と離婚し嘘をついていた!?弟やPL学園時代の話も話題に

 

明治大学の渡辺佳明選手

が取り上げられます。

 

その中でもここではHONDA鈴鹿所属の平尾奎太投手をご紹介していきます!!

 

Sponsored Link

 

平尾奎太(ドラフト)のプロフィール【お母さんありがとう出演】

  • 名前:平尾奎太(ひらおけいた)
  • 生年月日:1994年6月21日(24歳)
  • 出身地:大阪府
  • 身長:188cm
  • 体重:90kg
  • 経歴:泉佐野レッドスターズー佐野中ー大阪桐蔭高ー同志社大ーHONDA鈴鹿

平尾奎太投手は、泉佐野第一小学校の2年時から泉佐野レッドスターズで野球をはじめ、府大会優勝、近畿大会準優勝を納めました。

佐野中(軟式)では府大会4強隣、大阪桐蔭高では2年春からベンチ入りを果たし、3年初夏の甲子園では背番号11で藤浪投手と同じ代で連覇を達成

同志社大では3年春から登板、関西学生リーグ通算8勝。4年秋には4勝を上げてベストナインを受賞しています。

 

その後HONDA鈴鹿に入社すると、1年目から公式戦のマウンドに上がり、2017年夏の都市対抗では先発、救援で2試合、14イニング無失点(11奪三振)の好投を見せてくれました。

 

平尾奎太(ドラフト)の病気は腎臓で「IGA腎症」とは!?【お母さんありがとう出演】

現在HONDA鈴鹿所属の平尾奎太投手は大阪桐蔭高時代に春夏連覇、同志社大でも好成績を納めていました。

しかし、彼は高校2年の秋に難病を発症してしまいます。

2年生の春からベンチ入りをしていて、将来も期待されていたピッチャーでしたが、国の難病に指定されている「IGA腎症」を患っていることが判明しました。

 

IGA腎症とは

IgA腎症は、小学校高学年以後に多く発症する慢性糸球体腎炎の中で最も頻度の高い病気です。
血尿と蛋白尿が続き学校検尿で発見されることが多いですが、真っ赤な尿(肉眼的血尿)で気づかれることもあります。
腎臓には100万個の糸球体(尿を濾過する組織)があるのですが、その糸球体の中のメサンギウム領域という場所にIgAという抗体が沈着して、炎症を起こして、蛋白尿や血尿が出ます。
異常なIgAは扁桃腺や骨髄で産生されていると言われていますが、その原因としてリンパ球の機能異常、細菌やウイルス感染症、遺伝的な素因などが言われています。
10年以上の経過で腎不全に陥っていくこともあります。成人では20年で30~40%が、小児では15年で11%が末期腎不全(腎代替療法、すなわち透析か移植が必要になること)になります。
特に蛋白尿の多い例、組織学的に重症な例が、腎不全になりやすいと言われています。
寛解(蛋白尿と血尿を消失させること)させ、将来腎不全にならないようにすることが治療の目的です。

出典:国立研究開発法人 国立成育医療研究センター

医師からは絶対安静と、野球を続けることは無理だと告げられたそうですが、「死んだっていいから野球を続けたい」と母に強く訴えたそうです。

そして医師に懇願し、投薬を続けながら翌年1月に寮に戻りました。

その日から息子の夢を叶えるための、親子二人三脚の闘病生活が始まったそうです。

 

大阪桐蔭高の野球部といえば全寮制で、親に会えるのもわずかな時間なことは有名な話ですよね。

そんな中で息子が難病を抱えていて、厳しい環境に送り出すというのは両親特に母親にとっては苦渋の決断だったと思います。

 

しかし、その甲斐もあってか、最終学年の3年生の時には甲子園春なる連覇を達成し、平尾奎太投手も背番号「11」を着けてベンチ入りを果たしていました。

その直後再び闘病生活に入り、同志社大学進学後も2年間は治療に専念することになります。

それでも3年時からは登板を果たし、HONDA鈴鹿入社後も好投。

満を持して今年プロ志望届の提出となりました。

 

平尾奎太投手自身も「野球を続けられたのは、支えてくれた両親のおかげです。プロになっていい報告がしたい」と語っていましたので、プロ入りが注目されますね。

ぜひお母さんにいい報告が出来ればいいのではと思います。

頑張っていただきたいですね、、!!

 

Sponsored Link

 

まとめ

今回は2018年のドラフト、そして特番の『お母さんありがとう』に登場する3選手の中から、HONDA鈴鹿所属の平尾奎太投手のご紹介でした!

 

腎臓の病気である「IGA腎症」を母親と乗り越えてのプロ志望届提出ということで、ぜひ頑張っていただきたいですよね。

なかなかプロ野球選手になるというのは難しく、さらにその中で一軍として活躍することはさらに難しいことですが、平尾奎太投手ならばいい活躍をしてくれそうな気もします。

要チェックですね!!

 

さらに、平尾奎太投手はイケメンでも注目されていますが、なんと過去にEXILEオーディションも受験したことがあるそうです!

⇒平尾奎太はEXILEオーディションの時からイケメンで話題に!【画像あり】

 

そして他の選手はこちらも要チェックですね。

⇒中川圭太(東洋大)の母親が息子についていた嘘が感動的すぎると話題に。

 

それでは。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください