ジョホールバルの歓喜の岡野選手の裏話が衝撃的!劇的ゴールの真相!?

こんにちは!

皆さんはサッカーはお好きですか?僕は小さい頃からサッカーが好きで、テレビで代表戦などが行われると視聴するくらいには好きです!笑

今年はW杯イヤーということで日本代表のメンバー選考にも注目が集まっていますよね!

今では日本代表がW杯に出るのはほぼ当然みたいになっていますが、かつては出場するのも一苦労でした。

そんな日本にとって憧れだったW杯に初出場することができたのは1998年のフランスW杯ですが、そのフランスW杯の出場をかけた最終予選で起った奇跡、通称「ジョホールバルの歓喜」をご存知でしょうか?

今回はこちらの裏話も含めてご紹介して行きます!

Sponsored Link

ジョホーバルの歓喜とは?

ジョホールバルの歓喜(ジョホールバルのかんき)は、1997年11月16日、マレーシアのジョホールバルでサッカー日本代表が1998 FIFAワールドカップ・フランス大会のアジア最終予選のアジア第3代表決定戦をイラン代表と戦い、勝利を収めたことによりFIFAワールドカップ本戦初出場を決めたサッカーの試合の日本における俗称である。

「ジョホールバルの歓喜」はジョホールバルという場所で、日本がW杯本戦初出場を決めた試合だからこう呼ばれているのですね!他にも似たようなフレーズで「ドーハの悲劇」は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

岡野選手の裏話に衝撃!

ジョホールバルの歓喜の立役者といえば、野人という異名でおなじみの岡野雅之選手ですよね!

決勝ゴールをあげて、見事日本に勝利をもたらしてくれました!

しかし、この劇的ゴールをあげた岡野選手ですが、このゴールにはとんでもない裏話があったことを語っていました。

 

というのも、当時のW杯最終予選を通じて岡野選手の出番はそれまでほとんどありませんでした。

試合は前半中山選手のゴールで1−0で折り返しましたが、後半開始から2点を立て続けに取られてしまい日本が1点追う展開に。

この時から岡野選手は岡田監督になぜ自分を出さないのか怒っていたそうですが、岡田監督から「最終兵器だから」と告げられ納得していたそうです(笑)

その後もベンチ前でアピールを続けますが、監督からはついにウザがられてしまったそう。そんな中、城選手とロペス選手が投入され、見事この采配が功を奏して城選手のゴールにより2−2としますが、岡野選手はふてくされてしまいます。

試合はそのまま硬直状態が続き、W杯出場には勝利が絶対条件の日本にとっては苦しい展開。ピッチは異常な緊張感に包まれていたため、岡野選手は尻込みしてしまいました。

しかし、その直後岡田監督から岡野選手は呼ばれます!

この時岡野選手は正直に「今じゃない、、、」と思ったそうです(笑)

ピッチに送り出す前に心に響く言葉をかけてくれることで有名な岡田監督、どんな言葉をかけてくれるか岡野選手も期待したそうですが、岡田監督からかけられた言葉は「入れてこい」

 

投入されてからは何度もチャンスに恵まれますが、連続して外してしまいます。

焦った岡野選手はベンチの方を見ますが、ドフリーを外してしまったため岡田監督含めベンチからも厳しい視線が、、、

「このままじゃ日本に帰れない」

そう思った岡野選手ですが神様は岡野選手を見放してはいませんでした!

劇的ゴールの真実!!

中田選手のゴールを弾いた相手ゴールキーパーはこの時余裕でキャッチすることも出来たそうです。

しかし、ワザと弾いて倒れて痛がることで時間稼ぎすることを考えていましたが、なんとそこには岡野選手が!!

見事決勝ゴールをあげた岡野選手、劇的ゴールにはこんな裏話が存在していたのですね、、、

Sponsored Link

まとめ

たった一試合、たった1ゴール、たった一瞬でその後の展開はまさに天国と地獄でしたね。

日本中に感動を与えてくれたあのジョホールバルの歓喜にはこんな裏話があったなんて衝撃的でした。笑

今年のW杯も多くの感動を日本にもたらしてくれことに期待したいですね!

ガンバレ!日本!!

 

それでは!!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください