【のまのまイェイ】恋のマイアヒ歌詞と和訳全文!原曲は何語?2018動画あり

こんにちは!

フラッシュ全盛期に空耳ソングとして大ブレイクした曲、O-ZONEの『恋のマイアヒ』を覚えているでしょうか?

「マイアヒ〜マイアフ〜」と、「のまのまイェイ!」と空耳してしまう歌詞が特徴的で、アップテンポで聞いてて心地がいいメロディ、そしてAAが流行った時代でもあったので、のま猫と呼ばれるキャラクターも登場して人気となりました。

 

そしてなんとその『恋のマイアヒ』が2018年ver.として復活し、2018年9月17日に放送される『MUSIC STATION ウルトラ FES 2018』(テレビ朝日)で披露されるそうです!

およそ13年ぶりのパフォーマンスとなるということで楽しみですよね〜〜

 

そこで今回は改めて大ヒットソングとなった『恋のマイアヒ』の歌詞と和訳全文、そして原曲はそもそも何語でなんて歌っているのかを復習しておきましょう!

 

Sponsored Link

 

【のまのまイェイ】恋のマイアヒ原曲と2018verの動画!

改めて当時大ブレイクした『恋のマイアヒ』の動画を見てみましょう!

懐かしいですね〜〜〜

当時耳にしない日はないくらい子供から大人まで口ずさんでいた記憶があるようなないような、、、

曖昧ですがもう初リリースから15年も経つんですね!

 

そして、発売から15年というアニバーサリーを記念して、『恋のマイアヒ2018〜ノマノマ・ダンス〜』として9月12日より全世界でリリースされました!!

O-ZONEの中心メンバーだったダン・バランさんが発表したこの曲。

おなじみのサビはそのままに、新たにノリノリのラップが追加されています。

これも空耳したくなりますね(笑)

またしても大ヒットとなる可能性もあるのかもしれません、、、!

【のまのまイェイ】恋のマイアヒの歌詞と和訳全文!

恋のマイアヒの歌詞と和訳全文を改めて振り返って見ましょう!

恋のマイアヒ

作詞 DAN BALAN
作曲 DAN BALAN
唄 O-ZONE

Ma-I-A Hi, Ma-I-A Hu
Ma-I-A Ho, Ma-I-A Ha-Ha

Alo, Salut…(もしもし やあ、俺だよ)
Sunt Eu Un….Haiduc(ナイトだよ)
Si Te Rog, Iubirea Mea(お願いだからベイビー)
Primeste Fericirea(君に幸せになって欲しいんだ)
Alo…..Alo…..(もしもし)
Sunt Eu, Picasso(やあ、俺だよ、ピカソだよ)
Ti-Am Dat Beep(君に電話をかけたのは)
Si Sunt Voinic(俺、力は強いけど)
Dar Sa Stii, Nu-Ti Cer Nimic(君を無理強いして何か聞くつもりはないよ)

※Vrei Sa Pleci(君は行ってしまいたいんだろ)
Dar Nu Ma, Nu Ma Iei(俺を残して)
Nu Ma, Nu Ma Iei(俺を残して)
Nu Ma, Nu Ma, Nu Ma Iei(俺を連れていけないんだろ)

Chipul Tau Si Dragonstea Din Tei(面影が、菩提樹の下の恋が)
Imi Amintesc De Ochii Tai(君の眼差しを思い出させるんだ)

※サビ繰り返し

Te Sun….Sa-Ti Spun….
Ce Simt Acum(今の気持ちを伝えたくて電話したんだ)

Alo, Iubirea Mea(もしもし、ベイビー)
Sunt Eu, Fericirea(俺だよ、喜んでくれよ)

Alo…..Alo…..(もしもし)
Sunt Iarasi Eu…..Picasso(やあ、また俺だよ、ピカソだよ)

Ti-Am Dat Beep(君に電話をかけたのは)
Si Sunt Voinic(俺、力は強いけど)
Dar Sa Stii, Nu-Ti Cer Nimic(君を無理強いして何か聞くつもりはないよ)

※サビ繰り返し

歌詞と和訳を見ていただければ分かるように、『恋のマイアヒ』はまさかの切ない失恋ソングなんですね、、

てっきりノリノリのメロディなのでポジティブな曲だと思っていてビックリされた方も多いはずです。

パラパラとか踊ってすみませんって感じですね(笑)

 

Sponsored Link

 

【のまのまイェイ】恋のマイアヒの原曲は何語なの?

さて、ここまで『恋のマイアヒ』をご紹介してきましたが、よく考えて見ても分かるように原題はもちろん『恋のマイアヒ』ではありません。

この『恋のマイアヒ』の原題はルーマニア語で『ドラゴスタ・ディン・テイ(Dragostea Din Tei)』となっており、原曲はルーマニア語の曲です。

歌詞を見ても分かるようにこのタイトルを直訳すると、『菩提樹の下の恋』となります。

しかし、やはりキャッチーな「マイアヒ」のフレーズを使って日本では『恋のマイアヒ』となったわけですね。

 

2003年にルーマニア国内で初登場したこの曲は、日本でも2004年の10月頃より流行し始めました。

また、ヒットの要因となったのはルーマニア語の歌詞を日本語で聞き取った際に生じた空耳を元にしたFlashムービーが製作されたことで、2ちゃんねるを中心に話題になりましたね。

また、人気番組だった『SMAP×SMAP』のコント「ホストマンブルース」の中で、木村拓哉さんたちのパラパラのテーマ曲として大々的に使用されたことも、日本でのブレイクに大きく貢献したようです。

2018年リメイクされてリリースされたということで再びヒットとなる可能性も高そうですね!!

まとめ

今回は15年ぶりに復活した『恋のマイアヒ』がMステに登場するということで、改めて動画と歌詞、和訳のご紹介でした!

こうして見てみるとすごくいい歌ですし歌詞もいい感じでしたね(笑)

当時はわけもわからず「のまのまイェイ!」と口にしていましたが、とてもいい曲だなと感じました。

 

2018年Ver.はどちらかといえば大ヒットした日本寄りにノリノリで作られているのもいいですよね。

ぜひまた、原曲も新曲もヒットしていただきたいです!

 

それでは。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください