大阪桐蔭が強すぎて甲子園決勝がガッカリや残念?強さの理由や秘密とは!?

こんにちは!

第100回大会となった2018年の高校野球甲子園大会もいよいよ決勝戦が終了し、大阪桐蔭高校が史上初2度目の春夏連覇を達成しました。

しかし、中には大阪桐蔭があまりにも強すぎて優勝は当たり前だしガッカリという声もSNSではあったようですね。

 

そこで今回は絶対王者となった大阪桐蔭の強さの理由や秘密はなんなのかを調査して見ましょう!

 

Sponsored Link

 

大阪桐蔭が強すぎて甲子園決勝がガッカリや残念?

史上初2度目の春夏連覇を狙う絶対王者大阪桐蔭。

それに対して「雑草軍団」秋田の公立校である金足農業が悲願の東北勢そして秋田勢の初優勝なるか!?ということで大いに沸いていた第100回の甲子園決勝。

世間やメディアからしてみれば金足農業の熱闘ぶりに注目が集まり、秋田県の盛り上がりなどがクローズアップされてぜひ優勝してほしい!という雰囲気でしたよね。

 

しかし、試合が始まってみればさすがの大阪桐蔭の打線が火を吹き、気づいてみれば13–2という大差となった試合でした。

そんなワンサイドゲームとなった決勝では大阪桐蔭が強すぎる!勝って当然だしガッカリ。という声がSNSで多く見受けられました。

しかし、勝って当たり前、大阪桐蔭はスター軍団だから当然というのは少し違いますよね。

大阪桐蔭には確かに関西を中心に全国から有望な選手が集まっていますが、その中からレギュラーを獲得し甲子園で活躍できるような選手になるには相当な努力が必要です。

さらに勝って当たり前という相当な重圧の中でしっかりと勝ち切る実力も相当なものです。

優勝した大阪桐蔭には最大限の称賛を送りたいですね!

本当におめでとうございます!!

大阪桐蔭の強さの理由や秘密とは!?

では、史上初2度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭高校の強さの理由や秘密はなんなのでしょうか。

確かに大阪桐蔭には日本代表候補に選ばれる選手やドラフト候補となるような将来有望な選手が集まっていますが、その寄せ集めだけで強いチームとなるとは限りません。

 

中には監督が全国の中学生をスカウトしに行っているなんていう情報もあったようですが、西谷監督はこの説を真っ向から否定していました。

 

そんな大阪桐蔭の本当の強さの理由や秘密は、どうやら「B戦」と呼ばれる主力選手ではない選手たちの育成のための試合にあるようです。

大阪桐蔭野球部には関西を中心に全国からすごい選手がたくさん集まります。

しかし、その中でも入学当初から頭角を表す今大会で言うところの根尾選手や藤原選手などがいる一方で、そうではない選手もたくさんいるのです。

そしてその全国から集まったエリート集団の中でも毎日熾烈なレギュラー争いが行われています。

 

強い選手を9人集めたチームは確かに強いかもしれませんが、それ以上の成長はあまり見込めません。

しかし大阪桐蔭ではレギュラーを獲得しているスター選手、そうでない控えの選手も全力でレギュラーを狙いに行っており、全員にチャンスがあると行ってもおかしくありません。

今大会でも2番ライトで出場した青地選手などは昨年秋まではレギュラーからは程遠い選手であったようです。

そう行った叩き上げの選手たちが着実に実力をつけていたり、レギュラー組もそこに追い越されないように必死に練習したりと言う、チーム内での競争がチーム力の底上げとなっているようですね。

 

また、恰幅が良く強面な西谷監督を見ているととんでもないきつい練習が行われていることを想像してしまいますが、基本的に西谷監督は口出しをしないそうです。

選手たちが自主的に考え、行動し、どんな対戦相手にも一切手を抜かないスタイルが強さの理由なんでしょうね。

 

さらに、大阪桐蔭にはとても力強いデータ班がいることも有名です。

毎日毎日対戦相手を研究し、しっかりと相手に向き合っている姿がやはり勝つべくして勝ったと言うことではないでしょうか。

 

今後も大阪桐蔭の強さは続くでしょうし、そこをいかに攻略するかと言う他校の奮闘にも期待したいですね!!

 

Sponsored Link

 

まとめ

今回は見事甲子園100回の歴史の中で史上初2度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭高校の強すぎる理由などのご紹介でした!

確かに決勝戦の金足農業高校戦では見ている人からしてみれば大阪桐蔭のあまりにも強すぎる実力や、スター軍団が揃っていることを考えるとガッカリと言う声もあって当然だと思います。

しかし、やはりそんな勝って当たり前と言う雰囲気の中でもしっかり相手に向き合っていて、どんな状況でも自分たちの実力を全力で発揮するところが大阪桐蔭の本当の強さなんでしょうね。

 

今後は絶対王者大阪桐蔭に対してそこを倒すためにどうして行くのかと言う流れになるであろう高校野球。

100回と言う節目を終えてますます今度が楽しみですね!!

 

改めて大阪桐蔭高校の優勝、そして金足農業の準優勝、また数多くの熱戦と感動を見せてくれた全国の高校球児に称賛を送りたいですね!

それでは。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください