花粉症にはこれが効く!花粉症対策になる食べ物と飲み物をご紹介!

こんにちは!

前回の記事で花粉症対策になる生活習慣改善の方法をご紹介しました!

参考:最強の花粉症対策は生活習慣にあった!飲食物だけで花粉症0に!?

こちらの記事の最後で飲食物だけで花粉症を0にすることはできるかどうかに触れましたが、流石に完全に無くすことはできないって話でしたよね。

しかし、花粉症には花粉症に良い食べ物と悪い食べ物が存在することをご存知でしょうか?

今回は具体例を取り上げながら、花粉症に効く食べ物、逆にNGな食べ物をご紹介していきます!

Sponsored Link

花粉症に効く食べ物・飲み物!

善玉菌が含まれる食べ物!

  • 乳酸菌飲料
  • ヨーグルト
  • キムチ
  • 納豆
  • 味噌
  • ぬか漬け
  • 塩麹
  • 甘酒
  • マッコリ etc…

花粉症に良い食べ物・飲み物の一つ目は、乳酸菌やビフィズス菌などの『善玉菌』が含まれる食べ物です。

アレルギーには、体の免疫力を高めて、花粉などの原因物質から身を守るのが効果的です。そのためには、まず乳酸菌などの善玉菌が有効なのです。

人間の体の中でも、外の世界の花粉に触れやすい場所は、皮膚と口から胃腸の中にかけてです。

その中でも栄養素を取り込む腸は、雑菌やアレルギー物質も一緒に取り込まないように、実は免疫機能がとてもしっかりしているそうです。なので、善玉菌で腸の免疫力をアップさせるのは、アレルギー症状を和らげてくれるのにかなり有効です。

花粉症の人がここ近年爆発的に増えた背景の一つには、除菌や抗菌の風潮や食生活の変化などにより腸内細菌のバランスが崩れ、体の免疫力が衰えてしまったからだという話もあるそうです。

偉大な『善玉菌』の力で免疫力をつけましょう!!

植物性ポリフェノールが含まれる食べ物・飲み物!

  • てん茶
  • 烏龍茶
  • ペパーミントティー
  • 大豆
  • キャベツ
  • バジル
  • 大葉
  • 生姜
  • 玉ねぎ etc…

花粉症に良い食べ物。飲み物の二つ目は、老化防止などの抗酸化作用でも有名な「ポリフェノール」が含まれる食品です。

お茶に含まれることで有名な「茶カテキン」や、大豆イソフラボンの一つである「ゲ二ステイン」、野菜などに多い一部の「フラボノイド」などは、どれも植物性ポリフェノールの一種です。

これらの成分は、摂り続けて行くと、体の中で花粉症の症状に繋がるヒスタミンなどの「炎症物質」の発生を抑えて、花粉症の症状を和らげてくれる働きが報告されているそうです。

いきなり抜群の効果は出にくいかと思いますが、毎日コツコツ摂り続けていくことがポイントのようです!

僕も今日からはもう烏龍茶しか飲みません!

ビタミン類が含まれる食材たち!

ビタミンA
  • ブロッコリー
  • 小松菜などの緑黄色野菜 etc…
ビタミンC
  • イチゴ
  • レモン
  • オレンジなどの果物類
  • 大根

三つ目は、みなさんお馴染みの栄養素である「ビタミン類」の登場です。

先ほどのポリフェノールのところでもお話しした、炎症物質のヒスタミンの出されすぎを抑える効果も期待できるようですので、1日3食の中でしっかり摂取していきたいですね。

n-3系脂肪酸

  • 青魚類(イワシ、アジなど)
  • チアシード
  • 亜麻仁オイル
  • 荏胡麻オイル
  • 紫蘇油 etc…

四つ目は、n-3系脂肪酸などという言われ方をすると分かりにくいかもしれませんが、血液サラサラ効果でも有名な「DHA」や「EPA」などのことです。

これらは花粉が体内に入った時に、炎症物質の出口に先回りして炎症物質が出るのをブロックし、炎症が強く出るのを和らげてくれる働きがあるそうです!

ただ血液サラサラ効果もあるので、極端にガッツリ摂りすぎると、怪我をしても血がなかなか止まりにくい…などちょっと怖いことになり可能性もあるらしいです。笑

手っ取り早くサプリをたくさん飲んで摂取しよう!なんて作戦はやめて、計画的に摂取するようにしましょう!

悪化してしまう!?花粉症にNGな食べ物・飲み物!

先ほどから何度も登場している諸悪の根源炎症物質「ヒスタミン」。実はこれは、食べ物にも多く含まれている事があります。

ヒスタミンを多く含む食べ物を好んでたくさん食べる人は、やはり症状の出方も違ってくるみたいですね。できれば避けたほうが身のためかもしれません!

そんな厄介者であるヒスタミンは、どんな食べ物・飲み物に多く含まれているのでしょうか。

まとめてみました!

  • トマト・ナス・タケノコ
  • 南国系フルーツ(キウイフルーツ・パイナップル・バナナなど)
  • タラ・サバなどの魚
  • エビ・カニなどの甲殻類
  • ハム・ソーセージなどの加工品
  • チョコレート・ココア

うーん、どれも美味しいものばかり、、、

やはり美味しいものには罠もあるんですね。

また、実は花粉症にかかる人は、食べ物で口の中や周りがピリピリしたり痒くなったりする「口腔アレルギー」の症状が出やすいという報告もあるみたいです。

先ほどの「ヒスタミン」を多く含む食べ物は、そうした口腔アレルギーやアトピー、食物アレルギーの原因になりやす食べ物と被っていることも多く、特にキウイフルーツなどの果物は原因になりやすいとも言われているそうです。

僕はキウイフルーツが大好きなのでこの記事を書きながら絶望しています。

あまり過敏になり過ぎるのもちょっと嫌になってしまいそうですが、お子さんなどが花粉症の方や、自分もアレルギー体質で当てはまりそうな方は、スーパーで買い物をする時にパッケージに記載されている「アレルギー表示」を参考にしてみるのも良いかもしれません!

Sponsored Link

まとめ

以上、今回は花粉症に効果的な食べ物・飲み物、悪化させてしまう物についてまとめました!

僕自身この記事を書きながら何回鼻をかんだか分からないレベルで花粉症です。

今回紹介した善玉菌、植物プリフェノール、ビタミン類、DHAやEPAなどのn-3系脂肪酸を含んだ食材たちは意外と身近に溢れているという事がわかったと思います。

もちろん今食べたからといってすぐ効果が出るわけではありませんが、花粉症の症状に悩んでいるけど薬等の力に頼りきりになりたくないという方は、前回の記事

参考:最強の花粉症対策は生活習慣にあった!飲食物だけで花粉症0に!?

も一緒に参照してもらいながら食生活や生活習慣から変える努力をしてみてはいかがでしょうか!

それでは!!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください