岐阜県多治見市美濃市の暑さの原因とは!?なぜ5年ぶりに気温40℃到達したの?

こんにちは!

日本列島は各地で猛暑日が続いていますよね。

そんな中、岐阜県の多治見市が2018年7月18日に最高気温40℃を越え、国内だと2013年から5年ぶりに40℃を突破してしまったことが発表されました。

暑い=南の方というイメージがあるので、なぜ岐阜県はこんなに暑いのか疑問に思う方も多いはずです。

そこで今回は岐阜県、そして多治見市の暑さの原因を調査してみたいと思います!

 

Sponsored Link

 

岐阜県多治見市美濃市の暑さの原因とは!?

2018年7月18日に岐阜県多治見市と美濃市が最高気温40℃を到達してしまったということが発表されました。

日本国内で40℃を記録するのは2013年8月13日の高知県江川崎以来で、岐阜県内では2007年8月17日の多治見以来のことだそうです。

それにしてもなぜ岐阜県多治見市や美濃市は暑くなってしまうのでしょうか。

多治見市や美濃市の暑さの最大の原因は地形です。

多治見市で説明しますと、多治見市は岐阜県の南に位置しています。名古屋のベッドタウン的存在ですね。

しかし、こちらの岐阜県の地形図をみていただければわかるように、岐阜県の南側は、東西北が山によって囲まれた盆地となっています。

なので暑い空気が山から多治見市の方へ吹いてきて、滞留してしまいます。

また、こちらも暑い街として知られている埼玉県熊谷市と共通している部分が、南側に大都市があるということです。

多治見市はすぐ南に愛知県の名古屋市があり、ヒートアイランド現象で暑くなった空気が南風に乗って多治見市に流れてきます。

周囲の山からの暑い風と、南の名古屋市からの暑い風がぶつかり合うのが盆地の多治見市や美濃市となってしまうのです。

なので多治見市や美濃市の暑さの原因は、周囲が高い山によって囲まれ、標高の低い盆地であるという点と、南側に名古屋という大都市があるという点なのですね。

なぜ5年ぶりに気温40℃到達してしまったの?

2018年の夏は本当に暑いですよね。

日本国内で最高気温40℃に到達したのは先ほどご紹介したように5年ぶりなんだそうです。

ではなぜ2018年の夏は5年ぶりに気温40℃に到達してしまうほど暑いのでしょうか。

それは、太平洋の赤道付近海面水温の高さと、大陸側のチベット高気圧、そして太平洋高気圧が活発であることが原因だそうです。

その南側の海上で熱された空気が積乱雲の発生を促し、チベット高気圧や太平洋高気圧の下降気流によって日本に吹き下すことで暑くて天気がいい日々が続いているそうです。

こちらのメカニズムに関してはこちらの記事で詳しく扱っていますのでチェックしてみてください!

2018年の夏が暑いのはなぜ?今年異常気象の理由や猛暑日対策を調査!

大変暑い日が続いているので熱中症には十分気を付けなくてはなりませんね、、、

注意が必要です!

 

Sponsored Link

 

まとめ

今回は2013年の高知県江川崎以来5年ぶりに最高気温40℃に到達した岐阜県多治見市と美濃市の暑さの原因のご紹介でした!

岐阜県の暑さの原因は周囲を山で囲まれた盆地であり、南側に大都市があるということでしたね。

また、2018年の夏は連日猛暑日が続いており、熱中症のリスクが大変高まっています。

子供からご老人まで全員がなるリスクのある症状ですから十分注意して自己管理を徹底するようにしましょう!

熱中症対策に関してはこちらの記事もオススメです!!

水分補給に適したオススメの飲み物が意外すぎ!?効果的なタイミングもチェック!
塩分補給はなぜ必要?熱中症対策にオススメの食べ物と飲み物とは!?

それでは!!

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください