老川祥一オーナーの経歴・略歴が凄すぎる!?辞任の本当の理由はなぜ!?

こんにちは!

読売巨人軍のオーナーを務めていた老川祥一オーナーが、一連の不祥事を受けて辞任を発表されましたね。

伝統ある読売巨人軍ということで衝撃が走っています。

そこで今回は老川祥一オーナーの経歴や略歴、そして辞任の理由についてご紹介していきます〜〜

 

Sponsored Link

 

老川祥一オーナーの経歴・略歴が凄すぎる!?

  • 名前:老川祥一(おいかわしょういち)
  • 生年月日:1941年10月25日(76歳)

老川祥一さんは東京都出身です。

聖学院高等学校を卒業したのち早稲田大学政治経済学部に進学し、卒業しました。

この時点でめちゃくちゃ高学歴ですごいですよね。

そして早稲田大学卒業後の1964年4月に新卒で読売新聞社に入社します。

記者としては盛岡支局、政治部、そしてアメリカ合衆国のワシントン支局でも活動しました。

読売新聞入社後の略歴は以下の通りです!

  • 1964年 – 讀賣新聞社(現:読売新聞東京本社)入社
  • 1986年 – 論説委員
  • 1993年 – 政治部長
  • 1995年 – 編集局次長
  • 1996年 – 調査研究本部長
  • 1998年 – 取締役編集局長
  • 2001年 – 大阪讀賣新聞社(現:読売新聞大阪本社)専務取締役編集担当
  • 2004年 – 読売新聞大阪本社取締役副社長
  • 2005年 – 読売新聞大阪本社代表取締役社長
  • 2006年 – 読売新聞グループ本社取締役大阪担当
  • 2007年 – 読売新聞グループ本社取締役編集担当、読売新聞東京本社代表取締役社長 編集主幹
  • 2011年 – 退任(後任は白石興二郎)、読売新聞グループ本社取締役最高顧問
  • 2013年 – 読売新聞グループ本社取締役最高顧問・主筆代理
  • 2014年 – 読売新聞グループ本社取締役最高顧問・主筆代理・国際担当(The Japan News主筆)
  • 2016年 – 読売巨人軍オーナーに就任
  • 2018年 – 読売巨人軍オーナーを辞任

まさにエリート街道って感じですよね。

また、社外での役職にもいくつか就いていて

  • 情報保全諮問会議座長
  • 国立公文書館の機能・施設の在り方等に関する調査検討会議座長
  • 郵政民営化委員会委員
  • 財務省財政制度等審議会臨時委員
  • 人事院参与

などにも就任していました。

著書も何冊か出しているのですごい方なんだなあと改めて感じますね。

老川祥一オーナーの辞任の本当の理由はなぜ!?

巨人は17日、都内の球団事務所で会見を開き、今年6月以降、不祥事が相次いだことから老川祥一オーナーが辞任したことを発表しました。

老川祥一さん本人もコメントを発表していて

当球団を巡って本年6月以降、支配下選手らによる不祥事が相次いで発覚し、球団の信用を大きく失墜させる事態となりました。野球賭博事件を受けて、不祥事の再発防止を誓ったにもかかわらず、今般、不祥事が立て続けに起きてしまったことに対し、老川祥一は自らの責任を明確にするため、本日、取締役オーナーを辞任いたしました。

とのことです。

老川祥一さんは2016年に巨人の野球賭博問題の責任をとって白川興二郎前オーナーの後に就任したのにも関わらずこの度また不祥事での辞任となってしまいましたね、、

今回の辞任の直接的原因となったのは今年6月に篠原慎平投手と河野元貴捕手が都内飲食店で不適切な動画を撮影しSNSに後悔したり、7月には柿沢貴裕外野手がチームメイトの道具を盗んで転売していたことで契約解除され、逮捕されたことです。

柿沢選手に関しては詳しくはこちらの記事をどうぞ。

柿沢貴裕(巨人)は逮捕される?窃盗&転売の理由は消費者金融に借金でヤバすぎ…

こうした一連の不祥事を受けて巨人軍も勉強会を開催したりと色々策を講じてきたようですが、今回トップが責任をとっての辞任という形となりました。

ぜひ問題の根本的な解決をしていただきたいですね!

 

Sponsored Link

 

まとめ

今回は読売巨人軍の老川祥一オーナーの辞任を受けて、彼の経歴や略歴そして辞任の理由のご紹介でした!

野球界は最近賭博問題もそうですが金銭的な問題が非常に増えていますよね。

このように球団のトップがしっかりと責任を取ることで球団に与える影響は大きいですから、選手一人一人の自覚が求められますね。

ぜひこの辺りはクリアにしていただいて、野球を楽しみたいです。

他の野球の問題についてはこちらの記事で扱っています!

大嶺翔太(ロッテ)の金銭トラブルは闇金!?嫁とは離婚の危機か…?

いよいよ今年のプロ野球も後半戦に突入したとうことで今後の展開が非常に楽しみですね。

それでは!

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください