塩分補給はなぜ必要?熱中症対策にオススメの食べ物と飲み物とは!?

こんにちは!

夏になると怖いのが熱中症ですよね。

特に2018年の夏は猛暑で、すでに熱中症によって病院に搬送されている方が増えているそうです。

そこで今回は熱中症に必要だと言われている塩分補給についてのご紹介です!

なぜ塩分補給は必要なのか、そして熱中症対策にオススメの食べ物と飲み物をご紹介していきます〜〜

 

Sponsored Link

 

塩分補給はなぜ必要?

熱中症対策には水分と塩分が必要だと言われていますよね。

汗をかいたら身体から水分が失われるから水分補給が大切なことはわかりますが、なぜ塩分も必要なのでしょうか。

それはズバリ、汗をかくと身体から水分だけでなく塩分(ナトリウム)も一緒に失われているからです。
確かに汗ってしょっぱいですよね。

健康な状態の時の血液中には0.9%ほどのナトリウムが含まれているそうですが、汗をかくとこのナトリウムを排出してしまいます。

そうすると身体が低ナトリウム血症というものを引き起こしてしまい、頭痛・吐き気・めまい・痙攣・身体のだるさなどの典型的な熱中症の症状に襲われてしまいます。

こうならないためにも塩分補給は必要なんですね!

熱中症対策にオススメの食べ物とは!?

続いては熱中症対策にオススメの食べ物をいくつか紹介していきます!

1.スイカ

夏の定番であるスイカは熱中症対策にもバッチリです。

水分が非常に多く含まれているので身体にもいいですし、スイカの赤色の素であるリコピンも抗酸化作用があり、疲労回復効果があります。

同じくトマトもオススメですね。

少し塩をかけて食べるとなお良しです!

2.豚肉

豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれていますが、このビタミンB1が不足してしまうと糖質の代謝を促すことができなくなるため疲労物質が蓄積し、疲れやすくなってしまいます。

そこで豚肉を食べることで糖質をエネルギーに変えてくれて、疲労物質が蓄積しないように働いてくれます。

野菜炒めはオススメですね!

3.ナス

ナスは特別栄養価が高い食べ物ではないそうですが、体を冷やしてくれる効果があります。

また、コリンという胃液の分泌を促したり、肝臓の機能を強くしてくれる働きがある物質が含まれているため、食欲不振に陥りやすい夏にオススメの野菜です!

4.梅干し

梅干しは塩分がたくさん含まれているだけでなく、クエン酸が多く含まれています。

このクエン酸には疲労の原因となる乳酸の発生を防いでくれる効果があるそうで、オススメの食材です。

先ほどご紹介した豚肉と梅干しの料理とかいいかもしれませんね!

5.じゃがいも

汗をかいた時に失われるのは水分と塩分ということでしたが、それと同時にカリウムも失われてしまいます。

このカリウムは細胞内に多く含まれていて、失われてしまうと細胞そのものが脱水症状となり、熱中症となった場合には重大な症状に繋がることもあるそうです。

なのでカリウムがたくさん含まれているじゃがいもはオススメの食材です!

 

Sponsored Link

 

熱中症対策にオススメの飲み物とは!?

続いては熱中症対策にオススメの飲み物をまとめてご紹介です!

  • スポーツドリンク
  • 麦茶
  • 牛乳

これらに共通しているのはカフェインが含まれていないという点ですね!

逆に利尿作用のあるカフェインが多く含まれているコーヒーやお茶、エナジードリンクなどはオススメではありません。

水分補給についてはこちらの記事で詳しく扱っていますので要チェックです!!

水分補給に適したオススメの飲み物が意外すぎ!?効果的なタイミングもチェック!

まとめ

今回は熱中症に関しての塩分補給のお話と、オススメの食べ物と飲み物のご紹介でした!

熱中症になりがちな夏はつい食欲が落ちてしまいますが、しっかりと塩分も補給しましょう。

また、最近は手軽に塩分がチャージできるタブレットなども出ていたりするのでそういうのを食べるものいいかもしれませんね。

熱中症になってしまうとより食欲がなくなってしまい身体も壊しという悪循環に陥ってしまうので対策をして夏を乗り切りたいですね〜〜

それでは!

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください