スカヨハが映画辞退はなぜ?トランスジェンダー役で批判が殺到した理由は?

こんにちは!

アベンジャーズシリーズなどに出演するハリウッド女優のスカーレットヨハンソンさんが新作映画の主演を辞退したと話題になっているようですね。

彼女は新作映画でトランスジェンダー役を演じる予定だったそうですが、なぜか批判が殺到してしまい、辞退することになってしまったそうです。

なぜ彼女は批判の対象となってしまったのか、そしてなぜ事態にまで陥ってしまったのかをご紹介して行きます〜〜

 

Sponsored Link

 

スカヨハが新作映画の出演を辞退

新作映画でトランスジェンダー(性別越境者)の犯罪者役に起用されたことで猛反発を招いていた米女優スカーレット・ヨハンソンさんは13日、この役を辞退することを明らかにしました。

ヨハンソンさんが主演することになっていた映画は『Rub and Tug(原題)』というタイトルでした。

マッサージ店を経営しながら売春をあっせんし、1970~80年代の裏社会で暗躍したトランスジェンダー男性、ダンテ・「テックス」・ジル(Dante “Tex” Gill)を描いた作品でした。

しかし、なぜ彼女に批判が殺到し辞退することになってしまったのでしょうか?

スカヨハが映画辞退はなぜ?トランスジェンダー役で批判が殺到した理由は?

彼女に批判が殺到した理由は特に彼女が何かやらかしたわけでは無いようです。

ヨハンソンさんの配役が発表されると、SNS上ではトランスジェンダー俳優が起用されなかったことに対する非難の声が殺到していたそうです。

トランスジェンダー女優のトレイス・リセット(Trace Lysette)やジェイミー・クレイトン(Jamie Clayton)も批判の急先鋒に立っていたと言います。

つまり、トランスジェンダーの役なのになぜ本当にトランスジェンダーの俳優を起用しないのだという批判が殺到したそうです。

ヨハンソンさんはLGBT(性的少数者)向け雑誌アウト(Out)に宛てた声明で、

「私がダンテ・テックス・ジル役を演じることについて最近浮上している倫理上の疑念を受け、このプロジェクトへの参加を謹んで辞退することを決めた。トランスジェンダーの人々に対する文化的理解は進み続けており、自分の配役について最初の声明を出した後、私はそのコミュニティーから多くを学び、今はこの声明が無神経だったと自覚している」

と表明しました。

これについては日本のSNS上でも様々な意見が飛び交っており、

多くの人の意見が、映画なんだから役者が演じるのにそっちでリアルさを求めていたら仕方ないという感じでしょうか。

かなり難しい問題ですがアメリがではよりジェンダーへの理解が深いイメージがあるのでどうなんでしょうかね、、

 

Sponsored Link

 

スカーレットヨハンソンのプロフィール

  • 本名:Scarlett Ingrid Johansson(スカーレットイングリッドヨハンソン)
  • 生年月日:1984年11月22日(33歳)
  • 出生地:アメリカ合衆国ニューヨーク
  • 身長:160cm
  • 職業:女優、歌手
  • ジャンル:映画
主な作品

『ゴーストワールド』
『真珠の耳飾りの少女』
『ロスト・イン・トランスレーション』
『マッチポイント』
『アイアンマン2』
『アベンジャーズ』シリーズ
『her/世界で一つの彼女』
『キャプテン・アメリカ』シリーズ
『LUCY/ルーシー』
『犬ヶ島』

まとめ

今回は有名なハリウッド俳優のスカーレットヨハンソンさんがトランスジェンダー役の映画の出演を批判されて辞退された件についてその理由やSNSでの声をご紹介しました!

彼女が批判されたのは本物のトランスジェンダーでないのにその役を演じるのはおかしいという理由でしたが、これについても賛否両論上がっています。

これではあれで無いのにあれを演じるのはおかしいとかこれじゃ無いのにこれを演じるのはおかしいと他の声も上がってきそうですが、ジェンダーに関する話題は様々なので難しいですね。

ぜひ映画も新しい俳優さんを見つけて成功して欲しいですし、スカヨハさんにも他の映画で頑張っていただきたいです!

それでは〜〜

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください