校庭80周事件は大津市の南郷中?ソフトテニス部顧問の男性教諭の名前も調査!

こんにちは!

連日暑い日が続いており、この3連休も列島全土で猛暑日が続くようですね。

そこで気をつけたいのが熱中症なのですが、残念ながら熱中症で事件が起きてしまいました。

大津市の中学校のソフトテニス部で、練習中にミスが多かったという理由で顧問の男性教諭が生徒に校庭80周走れという体罰によって生徒が救急搬送されてしまうという事件が起きてしまいました。

そこで今回はこの件について詳しくご紹介していきたいと思います〜〜

 

Sponsored Link

 

校庭80周事件は大津市の南郷中ソフトテニス部か?

この事件が起きたのは滋賀県の大津市立南郷中学校だったそうです。

事件が起きたのは7月12日の午後の部活動中で、練習中にミスが多いことなどを理由に、30代の男性顧問から「校舎周囲を80周走ってこい」と命じられたそうです。
午後5時10分ごろ、生徒が倒れているのを構内で作業をしていた工事業者が見つけ、生徒は救急搬送されました。
無事に回復した生徒はその日の夜に退院し、13日は学校を休んで静養したそうです。

生徒が走らされた校舎の外周は1周約230メートルで、80周走ると18キロを超える距離になります。
生徒が倒れたのは9周目だったそうですが、気象庁によると大津市の12日の午後5時の気温は30.1℃であり、十分熱中症になりうる状況でした。

南郷中側は「行きすぎた指導だった」と保護者説明会を開き、謝罪したそうです。

それにしてもこれはひどい事件ですよね、、
自分も運動系の部活動をやっていたので多少なりともきついことはありましたが、流石にこれはやりすぎかなと思います。
もしかしたら死に至っていた可能性もあると考えると恐ろしいです。

二度と起こらないように努めていただきたいですね。

大津市の南郷中ソフトテニス部顧問の男性教諭の名前も調査!

今回事件が起こったのは滋賀県大津市立南郷中学校ということですが、事件の発端となったのはソフトテニス部顧問である30代の男性教諭でした。

この人はひどい人で誰なんだ!という声もSNSで多く上がっていましたので調べて見ましたが、残念ながら情報は開示されていませんでした。

しかし、もしかしたら命に関わる事件だったと思うと刑事事件に発展してもおかしくないですよね。

そう考えるとこの男性教諭もそれなりの罰を受けてほしさもあります。

しかし既に謝罪も行っており、この男性教諭も指導と謹慎処分になっているそうです。

なので続報が入りましたらまたお伝えいたします!

 

Sponsored Link

 

まとめ

今回は大津市立南郷中学校で起こったソフトテニス部の校庭80周事件のご紹介でした!

やはり暑い日が続いていると部活の指導も考えないといけませんね。

よく30度を超えると外で運動するのは危険なラインと言われますし、これから夏休みに入ると日中の暑い時間帯に部活が行われることが多いと思うのでしっかりと顧問が対策するのが肝心かなと思います。

今年の夏は非常に暑い夏になるようなので皆さんも十分注意してください!

今年の夏が暑い理由に関してはこちらの記事をどうぞ

2018年の夏が暑いのはなぜ?今年異常気象の理由や猛暑日対策を調査!

それでは〜〜

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください