2018年の夏が暑いのはなぜ?今年異常気象の理由や猛暑日対策を調査!

こんにちは!

今年もいよいよ海の日を目前にしていますが連日猛暑日や異常気象が続いてますよね。

僕が住んでいる関東でも梅雨がかなり短かったり、一方西日本では梅雨前線の影響で大雨による甚大な被害が出たりと、まさに”異常”だと言えると思います。

そこで今回は2018年の夏はなぜ暑いのか、異常気象の理由はなんなのか、そして猛暑日の暑さ対策などを調査してみました!

 

Sponsored Link

 

2018年の夏が暑いのはなぜ?今年異常気象の理由は?

気象庁の発表によると西日本東日本ともに平年より高いという予想が出ていました。

「6月から8月にかけては全国的に暖かい空気に覆われやすく、夏の気温は、東日本以西で高く、北日本でも平年並みか高い見込み」とのことだったようです。

なのでこの予想はバッチリ当たっていますね。

では、なぜ今年の夏は暑く、こんなにも異常気象となっているのでしょうか。

その理由は「ダブル高気圧」だと予想されていました。

太平洋の低緯度の赤道付近は海水温が高くなるため、フィリピン付近から東の海上では対流活動が活発になるそうです。

その分だけ夏の太平洋高気圧やチベット高気圧は例年より北へ勢力を拡大し、日本付近への張り出しが強まるそうですね。
この画像でも点線で表示されているのが平年で、色が変わっている部分が今年なのでかなり日本方面へ近づいているのがわかります。

また、2017年の夏に北日本や関東で不順な天気をもたらしたオホーツク海高気圧は、今年は平年程度の勢力と見られ、北日本でも平年並みか暑い夏になるそうです。

全球で大気全体の湿度も高く、上空の偏西風も平年より北を流れるため日本は蒸し暑い日々が続くようですね。

なので2018年の夏が暑い原因はこのダブル高気圧のようですね。

補足

今年は台風による被害も多いですよね。
そんな台風といえば何号という呼び方ではなく名前も注目を集めています!

台風の名前、付け方や決め方、そして由来などをわかりやすく一覧にまとめたのでご覧ください!!

台風の名前の付け方や決め方は?由来や一覧まとめ!日本はなぜ星座なの?

 

Sponsored Link

 

猛暑日の暑さ対策を調査!

次に簡単にですが猛暑日の暑さ対策をご紹介したいと思います!

暑さ対策① こまめな水分補給

なんといっても怖いのは熱中症なのでこまめに水分補給をしましょう。

意外と喉は乾いていなくても汗をかいたりで水分を失っていることが多いです。

また熱中症は、家の中や夜や寝ている時でも起こりやすいので夜寝る前にコップ一杯の水を飲んだりするといいそうです!

水分補給についてはコチラを要チェックです!!

水分補給に適したオススメの飲み物が意外すぎ!?効果的なタイミングもチェック!

暑さ対策② 塩分を取る

塩分は摂りすぎも健康に悪いと言われていますが、体に塩分は必要不可欠です。

熱中症対策に大切なのは水分と塩分だとよく言われますよね。

なぜなら、人は汗をかいた時に水分だけでなく一緒にナトリウムやカリウム、マグネシウムなどの塩分も一緒に失っているためだそうです。

なので暑いからといって水分ばかり摂取していても脱水症状になってしまうこともあるそうなので、塩分も摂取することを心がけましょう!

塩分補給に関しての詳しい話とオススメの食べ物飲み物はこちらの記事を参考にしてください!

塩分補給はなぜ必要?熱中症対策にオススメの食べ物と飲み物とは!?

暑さ対策③ 部屋の窓は2ヶ所以上開ける

次に部屋にいる時の暑さ対策です。

やはり部屋に冷房があっても昼間はなるべく頼らずに生活したいですよね。

そんな時は窓を開けると思うのですが、この際に意識することは窓を2ヶ所以上開けるということです。

さらに、できれば反対側にある窓を開けるとなお良いです!

そうすることで外の空気が部屋を通り抜けるようになり、室内の空気の循環が良くなります。

なので暑い時は部屋の窓を2ヶ所以上、向かい合った窓を開けるということを意識してみましょう。

暑さ対策④ 扇風機の使い方を工夫する

次にご紹介するのは扇風機の使い方です。

扇風機も使い方を少し工夫することでかなり変わるそうです。

まず外の方が涼しい時は、開けた窓の前に扇風機を置き、室内に外の涼しい空気が入ってくるようにしてみましょう。
そうすることで風がさらに涼しくなりまし、先ほどご紹介したように他の窓も開けてあげるとさらに効果的です。

そして部屋の方が涼しい時は、扇風機を窓の方に向けて置き、外の暑い空気が入ってこないようにしてあげましょう。
外気が入りにくくなることで部屋の温度を低く保つことができます。

さらに、扇風機を使っている時は時々天井にも向けてあげることで、部屋の上に滞留した暑い空気が循環して部屋全体の空気が涼しくなります。

暑さ対策⑤ 冷房に頼る

最後はどうしても耐えられない時は冷房に頼りましょう。

身体に悪いや冷えすぎてしまうという欠点もありますが、やはり頼りになるやつです。

冷房を使用した時にかかる電気代と熱中症になってしまった病院代を比べてもどちらがいいかは一目瞭然ですよね。

しかし、冷房を使用して涼しくてもしっかりと水分補給や塩分補給はするようにしましょう。
たとえ涼しくても熱中症や脱水症状になることはあるそうです。

また、設定温度はなるべくエコにしましょう!

暑さ対策⑥ アイスを食べる

暑い日にはアイスクリームを食べるのもおすすめです!

やはり夏といえば冷たいアイスですよね〜〜

こちらの記事ではアイス総選挙の結果をご紹介していますのでご参考にどうぞ!

【アイス総選挙2018】結果や順位まとめ!1位の商品とは!?【テレ朝お願いランキング】

まとめ

今回は2018年の夏はなぜ暑いのか、そして暑さへの対策をご紹介しました!

今年の夏は3ヶ月予報でも酷暑、猛暑、残暑といった単語が並んでいます。

非常に暑い夏になるようなのでしっかりと対策して熱中症や脱水症状には十分注意してください!

平成最後の夏なんてよく言われるので楽しい夏を過ごしたいものですね〜〜

 

また、夏といえば甲子園!ということで今大会の出場校56校から注目選手と優勝候補をご紹介しますのでこちらの記事をチェックです!!

【夏の甲子園2018】注目選手と優勝候補予想!全出場校56校が決定!

 

それでは!

 

Sponsored Link

1 Comment

箕面市民のよう

大阪北部地震の後から大雨☔、酷暑と気象がおかしいですね。
秋にはスーパー台風、冬はドカッと大雪⛄、その後にまた東南海、南海トラフ地震といった大地震が来たりして⁉
そう思いませんか、だじゃれ天気の南敏幸さん?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください