ロシアW杯MVP”ゴールデンボール”候補選手は誰!?予想される6人をご紹介!

こんにちは!

ついにW杯も準決勝まで終え、大詰めとなりましたね!

14日(土)にはベルギー対イングランドの3位決定戦が、15日(日)にはフランス対クロアチアの決勝戦が行われ、ロシアW杯の頂点が決定します。

そこで気になるのはW杯を通じてのMVP、ゴールデンボールを獲得するのは誰になるのかということです!

実はMVPの選出が行われるのは決勝より前であり、3位決定戦や決勝でのプレーは加味されません。

そこで今回は12日時点でのロシアW杯のMVPの選手を予想してみたいと思います〜〜

 

Sponsored Link

 

W杯の最優秀選手MVPに贈られるゴールデンボールとは?

ゴールデンボールは、大会で最も活躍したとされる選手に与えられる賞です。

正式名称は「アディダス・ゴールデンボール」で、記者による投票によって選出され、受賞者にはボールを模した金色のトロフィーが贈られます。
そして、得票数2位の選手がシルバーボールを、3位の選手がブロンズボールを受賞します。

先ほどもご紹介したように、ゴールデンボール賞の先行投票は決勝戦よりも前に行われるため、必ずしも優勝チームから受賞者が出るとは限りません。

同賞制定以降は優勝チームからの受賞者は9名中4名のみと半分以下で、94年大会のブラジル代表のロマーリオ選手を最後に優勝チームからの受賞者は出ていません。

また、ベスト4入りしていないチームからの受賞者が出たことは一度もないようです。

過去のゴールデンボール獲得者一覧です!

  • 1978年アルゼンチン大会 🇦🇷マリオ・ケンペス
  • 1982年スペイン大会 🇮🇹パオロ・ロッシ
  • 1986年メキシコ大会 🇦🇷ディエゴ・マラドーナ
  • 1990年イタリア大会 🇮🇹サルヴァトーレ・スキラッチ
  • 1994年アメリカ大会 🇧🇷ロマーリオ
  • 1998年フランス大会 🇧🇷ロナウド
  • 2002年日韓大会 🇩🇪オリバー・カーン
  • 2006年ドイツ大会 🇫🇷ジネディーヌ・ジダン
  • 2010年南アフリカ大会 🇺🇾ディエゴ・フォルラン
  • 2014年ブラジル大会 🇦🇷リオネル・メッシ

 

Sponsored Link

 

ロシアW杯MVP”ゴルデンボール”候補の予想10選手をご紹介!

ロシアW杯もついにクライマックスが目前に迫っており、MVPの選手が誰になるのかにも注目が集まりますね!

前回大会は準優勝のアルゼンチンからメッシ選手が獲得したように優勝国から選ばれるというわけではありません。

今大会は全体的に得点がたくさん決まった試合が多く、0−0のスコアレスドローで終わった試合は1次リーグ、グループCのフランス対デンマークの一戦のみでした。

なので個人的には攻撃的な選手が選ばれる可能性が高いのかなと思います。

そういったところを踏まえた上でベスト4のチームから決勝に進出したフランスとクロアチアから2選手、ベスト4のベルギーとイングランドから1選手ずつの計6人を選出してみましたのでご紹介したいと思います!

1人目:アントワーヌ・グリーズマン(フランス)

1人目はフランス代表のアントワーヌ・グリーズマン選手です。

予選から6試合全てに出場しており、3ゴールをあげています。

フランス代表の核として試合を支配しており、彼の存在はフランス代表の決勝進出には欠かせない存在だと思います。

MVPの中でもかなり有力な候補なのではないでしょうか?

2人目:キリアン・エムバペ(フランス)

2人目はフランス代表のニューヒーローキリアン・エムバペ選手です。

19歳という若さながらフランス代表の10番を背負い、今大会で最も名前が知られた選手だと思います。前回大会のハメスロドリゲス選手を思い出しますね。

彼も既に3ゴールあげていますし、何と言ってもスピードが驚異的だと話題になりました。

しかし彼はまだ若いですからベストヤングプレイヤーに選ばれる可能性も高く、MVPには少し早いのかもしれません。

さらに準決勝での遅延行為でイメージを悪くしたという声も多かったので、MVPには少し遠のいてしまったのかなと思います。

エムバペorムバッペどっちが正しい呼び方?なぜ意見が分かれるの?
エムバペ(ムバッペ)のスピードを50m100mのタイムに例えるとヤバすぎ!?ボルトに匹敵する時速!?

3人目:ルカ・モドリッチ(クロアチア)

3人目は現時点でのMVP最有力候補のクロアチア代表ルカ・モドリッチ選手です!

クロアチア代表のキャプテンとして2ゴールをあげる活躍をしているのはもちろんのこと、決勝トーナメント全てで延長戦にもつれ込んだクロアチア代表の勝利に結びつく活躍を攻守に渡ってしています。

出場時間も6試合通して600分超えと驚異的であり、クロアチア代表は彼無しに勝利はなかったと言えるでしょう。

さらにカードも一枚ももらっておらずフェアプレーであることも評価が高いです。

個人的にはこのモドリッチ選手をMVPに推したいと思いますね。

モドリッチ(クロアチア代表)は嫁も子供も超かわいい!天才の凄さとは?

4人目:イヴァン・ペリシッチ(クロアチア)

4人目はクロアチア代表のペリシッチ選手です!

彼も2ゴールあげていて、準決勝のイングランド戦ではMOMに選出する同点弾をあげています。

さらに決勝点のマンジュキッチ選手のゴールも彼のアシストから生まれています。

クロアチアの決勝進出を決めた彼の活躍は一気にMVP候補に名前を連ねる結果になりましたね。

しかし彼が選ばれるならなぜモドリッチ選手じゃないんだという声も多そうなのでやはりクロアチア代表だとモドリッチ選手が最有力ですね(笑)

5人目:エデン・アザール(ベルギー)

5人目はベルギー代表のエデンアザール選手です。

彼も大会通じて2ゴールあげていますが、惜しくもフランスに準決勝で敗れてしまいました。

しかし彼のプレーはまさに芸術的で、攻撃的なベルギー代表の攻撃の起点は全て彼と言っても過言ではなかったと思います。

ドリブルからの突破力とボール保持力は凄まじいものでしたよね。

彼をMVPに推す声も多く、ベスト4ながら選ばれる可能性も高いのかもしれません。

6人目:ハリー・ケイン(イングランド)

ラスト6人目はイングランド代表キャプテンのハリー・ケイン選手です。

彼は今大会6ゴールをあげていて、得点王を獲得するのはほぼ間違い無いでしょう。

その勢いからMVPも同時に獲得する可能性は大いにありますし、英メディアが行ったアンケートでは母国といえど彼を選んだ人が圧倒的に多かったそうです。

しかし、準決勝ではあまり目立った活躍ができず、惜しくも準決勝で敗れてしまったことから少しMVPから遠のいてしまったかもしれません。

 

Sponsored Link

 

まとめ

今回はロシアW杯でMVPのゴールデンボールを獲得する候補6選手のご紹介でした!

この中なら誰が取ってもおかしく無いですが、決勝進出チームの可能性が高いとなるとグリーズマン選手かモドリッチ選手なのかなと思います。

しかし、ゴールデンボールは「アディダス・ゴールデンボール」であるように、アディダスと関係のある選手が取るのでは?という噂もあるようです。

残念ながら決勝に進んだフランスとクロアチアはユニフォームがナイキであり、グリーズマン選手のスパイクはプーマ、モドリッチ選手のスパイクはナイキなので当てはまりません。

候補としてあげた6人でアディダスのスパイクを履いている選手はいないのでどうなるのでしょうか、、、

その辺りも注目ポイントですね!

ここにあげた選手以外でも、フランスのパヴァール選手やポグバ選手、クロアチアのマンジュキッチ選手やベルギーのルカク選手、クルトワ選手、デ・ブライネ選手などなど有力な選手はたくさんいますので楽しみですね〜〜

それでは!

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください