桂歌丸師匠の葬儀の場所や日取り・お別れ会の予定は?円楽師匠がプロデュース?

こんにちは!

7月2日に落語家で人気番組笑点で長年司会を務めていた桂歌丸師匠(本名・椎名巌さん)が亡くなられてしまいました。

歌丸師匠はお茶の間でとても愛されていただけに、悲しみが広がっていますね。

今回は桂歌丸師匠の葬儀やお別れ会の場所や日取りをご紹介できればと思います!

 

Sponsored Link

 

桂歌丸師匠の葬儀の場所や日取り・お別れ会の予定は?

葬儀は横浜市港北区にある妙蓮寺でお通夜・告別式共に行われるそうです。

  • 10日(火)18時〜 通夜
  • 11日(水)14時〜 告別式

の予定だと思われます。

家族葬で行われますが、一般の弔問も受け付けるようです!

行かれる際にはお気をつけください!

 

お別れ会の予定については発表され次第お伝えできればと思いますので、少々お待ちください!

芸能人のお別れ会といえば東京都にある青山葬儀所のイメージがありますが、どうでしょうか、、?

最近だと西城秀樹さんや大杉漣さんなどの葬儀やお別れの会も青山葬儀所で行われました。

ファンの方々は歌丸師匠に最後の別れをしたいでしょうから、ぜひ行われて欲しいですね。

桂歌丸師匠の葬儀は円楽師匠がプロデュース?

笑点といえば歌丸師匠と円楽師匠のいじりいじられの関係がお馴染みでしたよね。

そんな円楽師匠が歌丸師匠の葬儀をプロデュースするの?と思いきや、どうやら番組で行われた企画のようです。

昨年12月10日に放送された「もう笑点」という番組で、円楽師匠が歌丸師匠の葬儀をプロデュースしたそうです。

「笑点」の前番組として歌丸に出演者が相談に来る設定の番組で、円楽はお経を読みながら登場。歌丸から「いきなりお経をあげて何なんだよ」と問われると、落語「片棒」を例に出し「葬儀委員長の私としては歌丸師匠のご葬儀を出そうとして、お経の稽古をしていました」と話した。

 納得顔の歌丸を前に、円楽は歌丸の葬儀プランを説明。「エコロジーの時代なので、エコでお金のかからないシンプルな葬儀が今はやっていますから。偉いお坊さんを呼ぶとお布施がかかるので、僧侶の資格を持っている私がただでお経をあげてあげようと…」と話した。

 黙ってうなずく歌丸に円楽はヒートアップ。「お通夜は好楽一門は呼びません。親戚まで来ますから。ただメシを食おうとするでしょう。ただ酒もダメ。森林保護のために棺おけはやめましょう。燃料ももったいないから燃やさない。霊きゅう車ももったいないので弟子が引くリヤカーで…」と話すと、歌丸は「待ちな! 何もやらないってことじゃないですか」と話した。

 歌丸は「はっきり言いますけど、私は絶対アンタより先には死にません」と宣言。すると円楽はひれ伏し「その言葉を待っておりました。どうぞお師匠さん長生きしてください」と話した。歌丸は「お先にどうぞ!」となおも攻撃の手を緩めず。最後は円楽は「芸協(落語芸術協会)に入れて頂きありがとうございました」と頭を下げ続けていた。

出展:スポーツ報知

しかし、こんな冗談交じりのやりとりももう見れないのかと思うと悲しいですね、、、

ぜひ実際にも円楽師匠がプロデュースした、少し落語も混じったお別れ会や葬儀を行って欲しいです。

 

Sponsored Link

 

まとめ

今回は7月2日に亡くなられた落語家の桂歌丸師匠の葬儀やお別れ会に関してのご紹介でした。

歌丸師匠は以前から体調を崩されていましたが、少し回復したとのニュースも聞いたばかりなので突然の訃報で驚きました。

国民に愛された名司会者だったと思います。

ご冥福をお祈り申し上げます。

それでは。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください