山田隆裕の現在は激太りで痛風&西新宿のスポーツバー経営!?借金1億円の真相がヤバすぎ…

こんにちは!

連日サッカーW杯では熱戦が繰り広げられているのでテレビでもサッカー関連の特番が多く組まれていますね。

6月29日にTBSで『栄光か?転落か?FIFAワールドカップ 人生激変した日本代表大追跡SP』が放送されます。

というわけで今回はこの特番に登場する元日本代表の天才山田隆裕さんの現在をご紹介します!

山田隆裕さんは天才とうたわれながらも、現在はなんと激太りで痛風、西新宿でスポーツバーを経営、そして借金1億円の噂も!?

山田隆裕さんの現在に迫っていきましょう〜〜

 

Sponsored Link

 

山田隆裕のプロフィール

まずは簡単に山田隆裕さんのプロフィールのご紹介です!

  • 名前:山田隆裕(やまだたかひろ)
  • 生年月日:1972年4月29日(46歳)
  • 出身地:大阪府高槻市
  • 経歴:元サッカー日本代表
  • ポジション:FW(ウイング)MF(サイドハーフ)
  • 利き足:右足

山田隆裕さんは元サッカー日本代表です。

1992年にハンスオフト監督の指揮する日本代表に選出され、その甘いマスクと天才と認められたそのドリブルから人気でした。

しかし、山田隆裕さん自身は日本代表に対してあまり積極的ではなく、93年の「ドーハの悲劇」でおなじみの米国W杯最終予選のメンバーに選出されましたが自体、94年のオーストラリア戦を最後に代表からは遠ざかっていました。

所属クラブは以下の通りです!

  • 1991-1992 日産自動車
  • 1992-1997 横浜M
  • 1998-1999 京都パープルサンガ
  • 1999          ヴェルディ川崎
  • 2000-2003 ベガルタ仙台

そして2003年シーズン途中、31歳という若さで現役を引退されました。

しかし、なんとその後はメロンパンの移動販売事業を立ち上げ、成功を納めます。

実業家としての才能を開花させた山田隆裕さんでしたが、生地の質が落ちたことにより販売が低迷したとの損害賠償請求を起こされ、敗訴。

メロンパン事業からは撤退を余儀なくされてしまいました。

その後は新聞配達や焼き鳥屋などを経て、現在に至っているようです。

山田隆裕の現在は激太りで痛風!?

そんな現役時代は「天才」として名を馳せ、甘いマスクから女性ファンも多かった山田隆裕さんですが、その現在のお姿は現役時代からは考えられないくらい激太りしているみたいなんです!

ちなみに現役時代の山田隆裕さんのお姿はこちらです。

日本人離れした顔立ちですね。

しかし、そんな山田隆裕さんの現在のお姿はこちらです!!

おお、、、

顔つきは変わりませんが、しっっっかりとおじさん体型になられましたね、、、

現役時代とは打って変わったお姿になってしまわれた山田隆裕さんですが、なんとこの体型のせいで痛風を患ってしまったそうです。

痛風といえば血糖値の上昇により尿酸が体に蓄積され、ひどい関節痛を呼び起こす病気です。

この痛風の影響からか山田隆裕さんは現在足首を痛めていて、足を引きずって歩いています。

悲しいですね、、、

山田隆裕の現在は西新宿でスポーツバーを経営している!?

そんな現役時代からは信じられないくらい激太りし、痛風を患ってしまった山田隆裕さんですが、ご職業が気になります。

現役引退後はメロンパンの移動販売事業で一度は成功を納めた山田隆裕さんですが、訴訟で負けてしまったため事業は潰れてしまいました。

その後は新聞配達や焼き鳥屋さんでアルバイトなど、現役時代24歳という若さで年俸7500万円あったとは考えられない生活を送っていたようです。

しかし、そんな山田隆裕さんは現在再び起業の道を果たし、西新宿で主に外国人向けのスポーツバーを経営しているそうです!

そのバーとは西新宿にある「Peter Cole本店」というお店です。

山田隆裕さんはこのPeter Cole本店のグランドマネージャーをされています。

店内の雰囲気もオシャレですっごく良さげですね。

日本に観光で来た海外の方や在住している海外の方を主なターゲットにしているようです。

その理由は

海外の方は飲む量が日本人の3倍〜4倍もあるから

と語っていました。

実業家としての目の付け所がすごいですよね!

しかし、なんと山田隆裕さん自身はお酒が全く飲めないらしいです(笑)

日本戦やW杯のパブリックビューイングも行われているそうなので、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか!

 

Sponsored Link

 

山田隆裕の借金1億円の真相がヤバすぎ…

元サッカー選手、そして現在は実業家として活躍されている山田隆裕さんですが、なんと過去には借金1億円を抱えたこともあったそうです。

それは山田隆裕さんが中学校2年生の時、父親が事業に失敗し失踪。蒸発してしまいました。

車や家を全て失った山田隆裕さん家族に残ったのは父親が残した借金1億円とサッカーのみでした。

なので山田隆裕さんにとってサッカーは「お金を稼ぐための手段」に過ぎなかったと語っています。

しかし、若くして頭角を表した山田隆裕さんは必死にサッカーに取り組み、見事借金を返済することができたそうです。

たとえビジネスでもサッカーで活躍できたってことはすごい方なんですよね。

その後もメロンパン事業やバー経営など、実業家としての才能も開花させていますし、カリスマ性があるのだと思います!

まとめ

今回は元サッカー日本代表の天才ドリブラー山田隆裕さんの現在のご紹介でした!

かつては甘いマスクで名を馳せていた山田隆裕さんも現在は激太りし痛風を患ってしまいました。

しかし、ビジネスセンスは人一倍あって、現役引退後はメロンパン事業やバー経営で成功を納めています。

こういうのを聞くと人生何が起こるか分からないんだなあと改めて考えさせられますよね。

ぜひ山田隆裕さんにも今後も人生を楽しんでいただきたいですね!

それでは〜〜

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください