夢が、踊り出す!映画『グレイテスト・ショーマン』を観た感想

こんにちは!

先日、今話題の映画『グレイテスト・ショーマン』を観てきたのでその感想です!

※軽くネタバレを含んでいます。

Sponsored Link

グレイテスト・ショーマンとは

『グレイテスト・ショーマン』は、2017年にアメリカ合衆国で製作されたドラマ・伝記・ミュージカル映画です。

主演はヒュージャックマンで、マイケルグレイシーの初監督作品です。

キャッチコピーは『夢が、踊り出す』

19世紀に活躍した興行師、P.T.バーナムの成功を描くミュージカル映画で、音楽を『ラ・ラ・ランド』の方が手がけているということもあり、話題を呼んでいました!

自分の中のミュージカル映画の概念を壊してくれた!

そもそも僕はミュージカル映画というものが苦手でした。

これは完全に観ず嫌いでしたが、僕の中でのミュージカルのイメージは、

話に関係なく突然歌い出すっていう感じでした(笑)

そのせいで歌い出した途端に映画そのものに冷めてしまっていたのです。

しかし、『グレイテスト・ショーマン』はいい意味で僕の中のこの概念をぶち壊してくれました!

この映画のテーマがサーカスで有り、歌と演劇がメインの作品なので、物語と歌が上手くリンクしていました。

そのおかげもあり、抵抗があった物語と歌の切り替えが心地よく、

むしろ次はどんな曲で盛り上げてくれるのだろうとワクワクしていました。

歌も名曲揃いで、メッセージ性もありとても素晴らしかったです。

みんな”輝ける”ということ

この物語は主人公のバーナムのサクセスストーリーだけではなく、

登場人物にもスポットライトが当てられています。

世間からは冷ややかな目を向けられていた人たちが、サーカスを通して自分たちの居場所を見つけるのです。

このテーマは日本の映画ではなかなか有りそうで無いテーマですよね。

やはりどうしてもここに突っ込むのはリスクもあるからかもしれませんし、

万人に受けるのは難しいからかもしれません。

さらに、”偽善”と評価されてしまう可能性もあるからです。

この『グレイテスト・ショーマン』も、公開直前、そして公開直後の評論家からの評価は低かったそうです。

しかし、観客の口コミで週を追う毎に興行収入も増えて行ったみたいです。

『グレイテスト・ショーマン』には小人症の青年やヒゲの生えた女性など個性的なキャラが勢ぞろいです。

そんな面々がサーカスでは一転、主役となれるのです。

見世物という意味で劇中でも”フリークス”と批判されていましたが、

僕はこの点に大変感動しました。

途中で出てくる”This Is Me”という曲でも、これが自分なんだ!と胸を張って言えています。

現代でもどうしても”常識”や”当たり前”という言葉のせいで生きにくい世の中になっていると思います。

僕もその例外ではなく、大学を中退したせいで、どこか世間からの負い目を感じていました。

しかし、この映画は、個性が輝けるんだよってことを教えてくれた気がします。

みんな違って、みんな良い よく聞く言葉かもしれませんが、

そんなことを改めて考えさせてくれました。

Sponsored Link

まとめ

『グレイテスト・ショーマン』は素晴らしい点がたくさん有りますが、

僕の中のミュージカル映画の概念を壊してくれた点と

どんな人でも輝けるんだよということを再認識させてくれた点において

自分の中でとても大好きな映画になりました。

もう一回観たいくらいですし、帰宅して即刻AppleMusicでサントラをDLしてしまいました(笑)

それくらい心に響く映画でした。

皆さんも是非劇場でご覧になって観てください!

それでは!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください