栗城史多(登山家)の死でAbemaTVの生放送はどうなる?責任問題にも発展…?

こんにちは!

この度登山家でエベレスト登山に挑戦していた栗城史多さんが低体温症で下山途中に亡くなってしまったというニュースが舞い込んできましたね。

しかし、この事故に関して、生放送予定だったAbemaTVにも責任があるのでは?とSNSでも話題になっていましたね。

今回はこのあたりをご紹介していきます!

 

Sponsored Link

 

栗城史多(登山家)のプロフィール

  • 名前:栗城史多(くりきのぶかず)
  • 生誕:1982年6月9日
  • 死没:2018年5月21日(35歳)
  • 出身地:北海道瀬棚郡今金町
  • 出身校:札幌国際大学

栗城史多さんは登山家で、さらに起業家でもあり「株式会社たお」の代表取締役も務めていました

「冒険の共有」をテーマに全国で講演活動を行いながら、年に1、2回ヒマラヤ地域で高所登山を行なっていたようです。

 

エベレストには単独無酸素登頂頂上からのインターネット生中継を目指し、2009年9月チベット側、2010年ネパール側から挑みましたが、8,000メートルに達することが出来ずに敗退。

2011年8〜10月に前年と同じネパール側Kら3度目の挑戦をされましたが、サウスコル7900メートルに達せず敗退。2012年10月に星稜ルートから4度目の挑戦も強風により敗退。

そしてこの4度目の挑戦の性に受傷した凍傷にとり、のちに両手の指9本を切断することになってしまいました。

しかし、再度エベレスト登頂を目指し挑戦されますが、2015年、2016年、2017年と敗退していました。

今回2018年5月に8度目となるエベレスト登山を敢行しましたが、21日にキャンプ2において死亡が確認されてしましました。

栗城史多(登山家)の死でAbemaTVの生放送はどうなる?

今回の挑戦では、頂上生中継を目指す栗城史多さんのために、AbemaTVによる生放送が企画されていたみたいですね。

本来ですと、5月21日(月)の昼4時より生中継が予定されていましたが、栗城史多さんの体調不良による下山で1週間後の5月28日(月)に変更されていたようですね。

しかし、この下山の最中に栗城史多さんが亡くなってしまったので、放送は中止となってしまったようです、、、

本当に残念ですね。

 

Sponsored Link

 

栗城史多(登山家)の死でAbemaTVの責任問題にも発展…?

今回登山の様子がAbemaTVで生放送が決まっていたということもあり、栗城史多さんも多少無理してでも登っていたという可能性がありますよね。

そしてその下山の途中での低体温症による死ということで、AbemaTVにも責任があるのでは?という声もあるようです。

この件に関して責任がAbemaTVにあるのか、賠償金や慰謝料等が発生するのかについてはまだわかっていませんが、やはり栗城史多さんが多少無理してしまったという一面もあるはずですよね。

仕方のない事故なのかもしれませんが、やはり複雑な思いを持っている方は非常に多いようです。

まとめ

今回はエベレスト登頂の下山中に低体温症で亡くなってしまった栗城史多さんのご紹介でした。

以前から栗城史多さんの実力を疑う声も多かったようですし、この中継があったとはいえ無理だけはして欲しくなかったですね、、、

AbemaTVに責任の所在があるかはわかりませんが、やはり無理してしまったのは事実です。

登山家として今までにない挑戦に果敢に挑戦されていた栗城史多さん。早すぎる死ですが、ご冥福をお祈りします。

続報がわかり次第ご紹介していきます!

それでは〜

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください